カテゴリ:一日一日( 39 )

ダンシング・ヒーローを歌って踊る幸せ…。

お花の先生と市民文化協会の新年会に出席しました。

e0278631_14493567.jpg


(荻野目洋子さんのダンシング・ヒーロー大人気!)








荻野目洋子さんのダンシング・ヒーローの曲にあわせて高校生が躍るバブリーダンスを昨年の大晦日にはじめて見ました。
とてもたのしくて、素晴らしいと思いました。

そして、先日のことです。
お花の先生のお供で、市の文化協会の新年会に出席した私ですが、その最後の締めで「ダンシング・ヒーロー」にあわせて踊る、着物姿の年配の女性たちを目の当たりにしました。
ほんとうに、みんな楽しそうで、ノリノリでした。
会場もとても盛り上がり、私も楽しかったです。
文化協会の会長夫人のお話では「昨年、盆踊りではみんな参加しないけど、ダンシング・ヒーローをかけるとみんな踊りの輪に加わってくれるの」ということでした。
「ダンシング・ヒーロー」現象は、みんなを幸せにすると思います。
高校生(小さなお子様も)から着物姿の(市の新年会では80代90代もいたと思います)老若男女たち、みんなを幸せにしてくれるダンスの輪がこれからも日本中に広がっていくといいですね!
(ちなみに、私は荻野目洋子さんの歌が好きで、当時購入したベストアルバムをいまも持っています


以下、ご参考までにどうぞ。
神田明神といえば、平将門さまです。
その将門さまがいまを生きる人たちへ、メッセージを送ってくださっています。
「人はみな友だということを身をもって知りなさい。ささいなことでも、ともに泣き笑い、歌って踊る。そういう人の子の世を生きるよろこびを、いつも腹の底から湧き起こしてほしい」
神田明神納涼盆踊りで楽しそうに踊る人たちを見て、将門さまもきっとおよろこびのことと思います。









[PR]
by spirituals-2 | 2018-02-11 13:13 | 一日一日 | Trackback | Comments(0)

新しい年のはじめに…。

新しい年のはじめに…。
e0278631_20325779.jpg
(セッションルームのお花たち…)

e0278631_20321947.jpg
(恒例の栗きんとん)
e0278631_20321887.jpg
(恒例のりんごかん)
e0278631_20391227.jpg

(ベランダで実った稲穂を神棚と仏壇にお供えいたしました)


あっという間に、一月も中旬を過ぎました。
みなさま、いかがお過ごしでしょうか?
みなさまにとり、今年はどのような一年となるでしょうか?
光りの存在として、ご一緒に歩いてまいりたいと思います。







[PR]
by spirituals-2 | 2018-01-19 20:37 | 一日一日 | Trackback | Comments(0)

新春のお慶びを申し上げます

新春のお慶びを申し上げます

e0278631_00170739.jpg
(若松七本活け)

あけましておめでとうございます。

本年がみなさまにとり、幸せなお年でありますことを心よりお祈り申し上げます。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

平成三十年 元旦

スピリチュアル・ヒーリング・シャワー主宰
山本



[PR]
by spirituals-2 | 2018-01-01 00:20 | 一日一日 | Trackback | Comments(0)

ぎっくり腰になったとき…。

ぎっくり腰になったとき…。

e0278631_21070114.jpg
(写真は、東京国立博物館・平成館で行われた茶の湯展でお土産に買った黒棗。
中に和三盆のお菓子が入っていました)

今日は、家人から許可を得て書きます。

一昨日の午後のことでした。この日は、事務所にて出版契約を交わすためにお客樣が見えることになっていました。

私もお茶をお出しする係りとして、出かける準備をしていました。

家人は少し早めに歩いて出かけると言って、椅子から立ちあがりました(私は、用事をすませてから、タクシーで行くつもりでした)。

「あっ!」

声のする方を見ると、椅子から立ちあがったまま、家人がフリーズしています。

どうしたの?と言っても、答えないでフリーズしたままです。

そのうち、小さい声で言いました。

「ぎっくり腰…」

「えっ!」

今度は私が絶句! 

「とうてい出かけられないから、きみが代わって契約書を交わしてきてほしい…」と言います。

私はお茶をお出しする係り限定で行くつもりでしたし、夕方からは別の用事が入っていたので、途中で失礼するつもりでした。

「エネルギーでなんとかする!」と言ったのも、この土壇場に来て、契約書を交わすなど、大役をこなすのは無理だと思ったからです。

「ぎっくり腰が治るはずがない…」と気弱な家人に、立ちあがったままの格好でいてもらい、その場でアクトロンのヒーリングを15分ほど試みました。

「はい、もう大丈夫!」と言ったものの、あとは家人のぎっくり腰次第です。

家人は、そのあと、少しだけベッドに横になってくると言って、歩き始めました。

ゆっくりとではありますが、移動することはできたようです。

そこで、また、追いかけていって(とにかく大役をこなすわけにはいかない一心で!)、直接ヒーリングすること10分ばかり。ぎっくり腰をよくする、というよりは、この場をなんとかしなければ!という気持ちが強かったように思います。

その後、横になって30分ほど経ったでしょうか。再びゆっくりと移動してきた家人は、タクシーに一緒に乗って行くと言ってくれるまでになりました。

「ああ、よかった…」

とにかく、行けばあとはなんとかなります。

そして、来客にお茶を出したあと、私は次の仕事に…。

その後、家人は、ゆっくりと歩いて帰ってくることができたようでした。

そして、昨日、腰のことは話題にものぼらず、今日も話題にのぼりません。

あんなに悲痛だっただけに、いったい何が起きたのでしょう。

さりげなくたずねてみました。

「ぎっくり腰はどうなったの?」

また、ぶり返すかもしれないけれど…。と用心しながらも、なんともないと言っています。

これまで、何度かぎっくり腰を体験したことのある家人ですが、不思議だと言っています。

私としては急場をしのぐことができて、ほんとうにホッとした次第です!

お茶をお出しする係りに徹することができてよかったです。







[PR]
by spirituals-2 | 2017-06-11 21:49 | 一日一日 | Trackback | Comments(0)

霊的能力についての覚書。


霊的能力についての覚書。

e0278631_20544673.jpg
(東京国立博物館法隆寺宝物館の建物を背中にして見た空)

先日、つづきを予告しました霊的能力について書いてみたいと思います。

電車に乗っていて、前に座っている人の降りる駅を当てることは、
 
まぐれ当たりだと言ってすませることも可能ですが、

実は、この能力は霊的能力の一つです。

そして、その能力とは、直感・直観にはあたらず、イマジネーションの部類にあたるようです。

霊的能力に関する覚書を書いてみます。

霊視

霊聴

直感・直観

大きく分けるとこの三つがあるようですが、
それを上から

イマジネーション
インスピレーション
インテュイション

と書くと少しわかりにくくなるように思います。

私は自分では一番働いているのがインテュイションだと思っていましたが、

実際は、イマジネーションだったということを最近認識しました。

続いてインスピレーション。

最後にインテュイションと続きます。

みなさんは、ご自分では、この三つのなかでどの能力が一番働いていると思いますか?

そして、働いていると思った瞬間から、すべてに落とし穴があることも自覚しなくてはいけません。

それだけ、霊的能力が働くということは、気持ちを引き締めなければならないことでもあるわけです。

先日の記事で、電車の下車当てが誰の迷惑にもならないと思ったのは、

そういったことを意識したからです。




e0278631_21123599.jpg
(法隆寺宝物館にはこの扉の後ろから入って行きます。たくさんの観音さまたちがあなたをお待ちかねです)


*私がお役に立てることについて
♥「魂&ハトホルエクササイズ」のお申込み&お問合せはこちらからどうぞ

♥対面セッション(カウンセリング、ヒーリングなど)および電話カウンセリング、遠隔ヒーリングなどのお申込み&お問合せはこちらからどうぞ

♥スピリチュアル・ヒーリング・シャワーの活動についてはこちらからどうぞ


人気ブログランキングへ
ブログランキングに登録しました。
クリックしていただけるとうれしいです。

[PR]
by spirituals-2 | 2017-06-07 21:14 | 一日一日 | Trackback | Comments(0)

(閑話休題)山手線の電車のなかで…。

(閑話休題)山手線の電車のなかで…。

e0278631_13481789.jpg
  (初夏の上野公園の片隅に咲く、キンシバイ)

先日、山手線の電車に乗っていて、目の前に座っている女性が下車するのはどの駅かしら?と思いました。

私は池袋に向かっているところでした。

何げなく、池袋から数えて三駅手前だと思いました。

駅の名前までは気にしませんでしたが、私の目の前の女性が降りた駅は「駒込」でした。

池袋から数えてちょうど三駅手前です。

最近は、あまり気にしていなかった下車する駅を当てる遊び?でしたので、自分でも驚いた次第です。

これは、霊能力のどの能力が働いたのでしょう?

直観が働いたと感じる人が多いかと思いますが、これは、意外なことに直感・直観(インテュイション)にはあたらないようです。

それでは、どの霊能力が働いたのでしょうか?

この続きは近日中にでも書いてみたいと思います。

ご自分の霊的能力確認の際に、電車の下車当ては、カルマにもならず誰の迷惑にもならず、おすすめかもしれません。




[PR]
by spirituals-2 | 2017-06-04 14:07 | 一日一日 | Trackback | Comments(0)

月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也。(芭蕉)



e0278631_20360058.jpg
(特別養護老人ホームの庭で咲く可愛い花々…。可愛さに、心奪われます。


ところで、当ブログには、特定の季節によく読まれる記事があります。

痛風に関する記事がそれです。

「痛風のとき家に岩塩があるでしょうと言われる」

この記事が読まれはじめると、夏が近いことを知ります。

ビールがおいしい季節は、痛風で困る人も増えるようですね。

家人にしても、ビールの量が確実に増えているようです。

そして、気がつくと我が家の岩塩も大幅に減っているのです。

あっという間に月日がめぐり、今年もまもなく五月が終わります。


月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也。
(おくのほそ道)


俳句といえば、私にとっては芭蕉ですが、

夏にはこの句が口をついて出てきます。


夏草や兵どもが夢の跡  芭蕉







[PR]
by spirituals-2 | 2017-05-28 20:39 | 一日一日 | Trackback | Comments(0)

波動をあげることの大事  その二

波動をあげることの大事 そのニ
e0278631_08053681.jpg
(湯島聖堂前の交差点にて ツツジのまわりにはたくさんの妖精たちが…)

地球の波動が乱れると何が起きるのでしょうか?

生きている私たちの波動も乱れ、他者の侵入を受け入れてしまうわけですが、

これまでのように、地球に生きている他者からのガードだけでなく、

今後、自らを守るためには、地球外存在からのガードも強く意識をする必要があると思います。

特に、昨年秋あたりからは、地球には何十億単位の地球外存在が押し寄せてきているようです。

それは、地球の波動が乱れ、

たやすく地球外存在からの侵入を許してしまっているから。

彼らは私たちの波動の乱れを決して見逃しません。

たやすく介入されないために、私たちにできることは何か?

自らの波動を整えるためにも、グラウンディングにもう一度、目を向けてみたいと思います。

地球の魂さんに、日々、地球に住まわせていただいていることに感謝をし、

地球の中心核にまでしっかりと、心をつなげることで、

自らの魂が身体のなかにとどまり、

本来自らの魂の住む場所を容易にほかの存在に明け渡すことから免れることができます。

ハトホルたちのエクササイズを行うとき、

私は、地球の中心核までの距離を6450キロメートルと口に出すことにしています。

自らの魂としっかりつながることで、本来の自分を見失なうことなく生きられると考えるからです。










[PR]
by spirituals-2 | 2017-05-06 08:33 | 一日一日 | Trackback | Comments(0)

波動をあげることの大事 その一

 波動をあげることの大事 その一
e0278631_23495989.jpg

(湯島天神の紅白梅)


地球の波動がとても乱れているようです。

そして、生きている私たちの波動もまた。

波動が粗くなると、結界が崩れ、たやすく他者の侵入を受け入れることになります。

とくに、霊的に敏感な方たちは、ターゲットにされてしまいます。

ヒーリングをする方も、受ける方もこれまで以上に自らの波動が下がらないように

たえず気をつけていたいと思います。

波動指数の目安は70パーセント。

これより高くありたいです。

高くあることで、他者からの侵入から自らの身を守ることができるのです。











[PR]
by spirituals-2 | 2017-04-27 00:00 | 一日一日 | Trackback | Comments(0)

神社にて献花を……。

神社にて献花を……。

e0278631_20552650.jpg


神社にて献花の機会をいただき、活けたお花です。

お花入れは神社にあるものを使わせていただきました。

拡大すると、ところどころ欠けているのがわかります。

お花は、サンシュ、雪柳、アルストロメリア。お花を引き上げるのが10日。それまで咲いていてくれるとうれしいです。

本殿に参拝もさせていただきました。帰りに、御札と羊羹のお菓子をいただきました。

とても晴れた一日で、神社の神様のおよろこびが伝わってくるようでした。

献花の機会をいただき、ありがとうございます。

e0278631_21084021.jpg










[PR]
by spirituals-2 | 2017-02-06 21:09 | 一日一日 | Trackback | Comments(0)

心理カウンセラー&スピリチュアル・カウンセラー/サイキック・ヒーラー


by スピリチュアル・ヒーリング・シャワー
プロフィールを見る
画像一覧