人気ブログランキング |

2013年 05月 09日 ( 1 )

自発功のエネルギーで「合掌」する家人。

e0278631_20584459.jpg




 最近、15分だけ家人と「自発功」を続けています。
 気持ちがいいので、できれば毎日続けていきたいとおもいます。
 家人は前屈、後屈、それから両腕をウエストのあたりでねじってぶらぶらさせる動きが多いようです(消化器系をいやしているのでしょうか)。
 きょうは、その「自発功」の途中で、家人が「えっ」という声を出しました。
 最初は何が起きたのかわかりませんでした。
(当人もわからなかったようですけれど…)
 見ると、なんと、胸の前で「合掌」しているのです。

「どうしたんだろう、勝手にこんなふうになってしまった」

 家人は驚いたまま、「合掌」したまま静止しています。
 さかんに、どうしたんだろう、と言っています。
 そのうち、合掌の手は自然に解かれて、また、前屈後屈になりましたが、少しすると「なんか、また〈合掌〉するような感じがしてきた」と言います。
 横目で見ると、ほんとうに「合掌」してしまいました。
 そして、約1分間、合掌したままで終わりの時間がやってきました。
 
 わたしはといえば、きょうは、ベリーダンスのような複雑な動きで、足の関節がポキポキなっているのでした。楽しみながら動いている隣では、胸の前で「合掌」している家人がいたという不思議な構図となりました。
 「もしかしたら、感謝が足りないという意味なのか」
 と、ひとり言を言っていた家人ですが、答えは、自分で見つけるしかないのだとおもいました。
 それにしても、すごい。

 「肉体面だけでなく、精神面にも働きかけるとは!」
 
 「自発功」の奥深さにあらためて驚いたことでした。


*以上、家人の承諾を得て(まだ、何が起きたかわからない様子ですが)、エピソードを紹介いたしました。




 
by spirituals-2 | 2013-05-09 20:43 | ヒーラー日記 | Trackback | Comments(0)

心理カウンセラー&スピリチュアル・カウンセラー/サイキック・ヒーラー


by スピリチュアル・ヒーリング・シャワー
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る