『霊感刑事の告白』を読む…。

『霊感刑事の告白』を読む…。
e0278631_16022002.jpg


(妹が町の本屋さんで見かけた、久しぶりに「光って見えた」本です。)

 阿部一男(あべ・かずお)さんは、元宮城県警の警視正。1933年のお生まれだから、今年、85歳になられます。幻冬舎という出版社は派手な出版社です。従って、もし、私が書店でこの本を見かけていたとしても手にはとらないほど派手な表紙ですが、内容は、とても地味です。そして、真面目です。
 その地味で真面目一本の本の「はじめに」には、このように書かれています。
「霊魂は確実に存在します。あの世(霊界)も確実に存在します。
この世とあの世には「特殊な関係」があるのです。
本書で私が述べることは科学的な裏づけのない非常識なことばかりですが、同じようなことを口にして周囲に白い目で見られている人たちが、私の体験を知ることで少しでも安心できるのであれば望外の喜びです。」とあくまでも、控えめです。
 そして、みなさんは、「憑依(ひょうい)」という言葉をご存じでしょうか?とんでもない事件が報道されるたびに「なぜ、この人が?」と思ったことはありませんか?その点について、この本の「おわりに」で、こんなふうに「警告」されています。
「そんな私が今、気になっていることがあります。 
 犯罪者の「顔」です。昔話も何ですが、かつては犯罪者と云えば悪い顔と相場が決まっていました。心というのは顔に出ます。
 でも今は違います。報道を見るたびに、本当にこの人物がやったのかと疑問を持たざるを得ないような人が増えました。悪い顔をしておらず、逆に美男、美女といった類いの犯罪者が、何となく増えている気もします。
 もしかしたら憑依しようとする側は、いかにも犯罪を起こしそうな人物ではなく、見た目がよかったり、普通だったりする人物を選んでいるのかもしれないぞと警戒しています。見た目が悪くなければ同情する人が増えます。そしてこの傾向が強まると、道徳や社会のルールが崩れ始めます。
 私たちは試されているのかもしれません。どう乗り切るのかと。
 霊界はその模様を静かに見守っているはずです。」

 わずか160ページの薄い本ですが、いま、私たちに必要な情報がたくさん詰まっていると思いました。ぜひ、お読みいただければと思います。

 また、憑依と共に「霊障」がここにきてものすごいことになっています。
 この点についても、お伝えしていきたいと思っています。
 
*しばらくお休みしていた「ハトホルたちのエクササイズ」ですが、7月の第三土曜日から再開したいと思います。来月になりましたら、このブログで紹介いたします。

 
長く据え置いてまいりましたご相談価格が2018年5月1日より変わりました。

  • エネルギーセッションは90分 20,000円
  • 個人カウンセリングは90分  20,000円
  • 浄霊(除霊)ご相談セッションは90分 25,000円
  • 遠隔浄霊ご相談は  25,000円から
  • 出張の場合は、交通費(遠方の場合は宿泊費も)などの実費のほか、3時間単位でお受けいたします(1時間25,000円×3時間=75,000円)。延長の際は、1時間単位でお受けいたします。
  • その他、ご不明の点などございましたらお問合せいただければ幸いです。

*霊障などで苦しまれる方がこのところ大変増えています。ご相談価格につきましては、これからもできるだけ低く抑えてまいりたいと存じます。どうぞ、よろしくお願い申し上げます。
*原因不明の不調などで長く苦しまれている方は、ご相談いただければと思います。
*信じられないかもしれませんが、一度の光りのヒーリングセッションで、好転される方が続出されています。






[PR]
トラックバックURL : https://heaiing2.exblog.jp/tb/27301641
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by spirituals-2 | 2018-05-29 16:28 | 読書の時間 | Trackback | Comments(0)

心理カウンセラー&スピリチュアル・カウンセラー/サイキック・ヒーラー


by スピリチュアル・ヒーリング・シャワー
プロフィールを見る
画像一覧