第二回 四十九日の大事について考えます…

第二回 四十九日の大事について考えます…
e0278631_13175250.jpg

(Hさんからいただいたイネが、一ヵ月経って元気に育ちました)
e0278631_13174650.jpg
(7月半ばに植えたばかりの稲の状態です)

それでは、引き続き四十九日の大事について考えたいと思います。

第一回目では、昔は土葬だったために、最初の七日間で目が溶けるといわれていたこともあって、お灯明を絶やしてはならないという意味について書きました。
火葬の現在、亡くなられた方は七日ごとに、どのように過ごされるのでしょうか。


最初の七日間
過去の出来事を順番に思い出します
次の七日間(14日めまで)
過去の出来事を順番に相手の中に入り、逆回しに見ます
(ひどい言葉を言ったことがあったらその言葉を自分が浴びせた人のなかに入り体験します)
次の七日間(21日めまで)
食欲との戦い(特にスイーツを食べたくなりました)
次の七日間(28日めまで)
性欲との戦い
次の七日間(36日めまで)
身体の消滅。ものすごく痛くて苦しいです
次の七日間(42日目まで)
新しい身体の獲得
次の七日間(49日)
光のシャワーを浴びます。
ものすごく気持ちがよくって、やっと帰ってきたという感覚があります。


以上は、四十九日を終えて天国に帰られた方から教えていただいたことです。

四十九日までの道筋を教えていただきありがとうございました。
現在、生きている私たちにとり、とても得がたい情報です。


第三回目は、天国に帰られた方からの「天国からの伝言」を、みなさまにご紹介させていただければと思っています。






[PR]
トラックバックURL : https://heaiing2.exblog.jp/tb/25986466
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by spirituals-2 | 2017-08-17 13:41 | 四十九日の大事について | Trackback | Comments(0)

心理カウンセラー&スピリチュアル・カウンセラー/サイキック・ヒーラー


by スピリチュアル・ヒーリング・シャワー
プロフィールを見る
画像一覧