人気ブログランキング |

ルドルフ・シュタイナーの修行原則 続つづき

e0278631_2145098.jpg

(ルドルフ・シュタイナー)
 
 先日のつづきです。
 シュタイナーの修行原則のなかには、規則正しい生活とはほど遠いわたしのような者には頭の痛い項目があります。

 1,朝(洗面後、朝食前)、15分間瞑想をおこなう。1,夜、眠る前に15分間の瞑想(思考を高次の自己に向け、一日の出来事を逆の順序で三、四分間ふりかえる)をおこなう。
1,修行をおこなったかどうかをメモしておき、二週間後ごとに確認する。
などとあります。先日書いたとおり、お酒はもともと飲めないから禁止されてもつらくはなかったのですが、この規則正しい生活習慣は、続けなければとおもった途端につらくなってしまうのです。
 15分というと、まとまった時間です。
 
 そして、シュタイナーはつづけます。
 「今日の人間に必要なのは、高次の生活全体にリズムをもたらすことです」
 15分の瞑想ができなければ5分でもいいそうです。
 しかし、おもいたったときにしてもいいとは言っていません。
「いつもおなじ時間に、おなじことがおこなわれるのを、アストラル体は期待しているのです」
 この訓練を不規則におこなえば、
「無意味で無目的なものになります」

 とまで言っています。

 おなじ時間に瞑想するなんて、わたしには無理です。

 でも、救いはすこしだけあります。

 「すくなくとも、秩序への志向がなくてはなりません」

 おなじ時間の瞑想は無理ですが、秩序への志向なら、焦がれるほどあります。不規則な毎日ではなくて、規則正しい生活をしてみたい。




トラックバックURL : https://heaiing2.exblog.jp/tb/19393402
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by spirituals-2 | 2012-12-22 21:10 | ルドルフ・シュタイナーを読む | Trackback | Comments(0)

心理カウンセラー&スピリチュアル・カウンセラー/サイキック・ヒーラー


by スピリチュアル・ヒーリング・シャワー
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る