<   2015年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

9月19日(土曜日) 講座のお申込を受け付けています

お知らせです
e0278631_2218992.jpg




第40回「魂について考える&ハトホルたちのエクササイズ」講座のお知らせです。


 地震、噴火、洪水と…日本じゅうが自然災害人工災害を問わず大きく揺れていますが、一日の終わりには、無事に過ごすことができたことに感謝する日々です。




 第40回目にあたる9月19日(土)の会場は、池袋東口の西武横店(ルノアール会議室)と変わりありません。
JRの池袋東口を背中にして、右側にまっすぐ歩いて約6分ほどです。こちらには会議室のみで喫茶室はありません。入口は目立たなく、ぬかりやビルが目印です(ビルの壁の看板にルノアール会議室とあります)。会場にはソファが置かれていますので、少々早く到着された場合は、ここでお待ちいただければとおもいます。

 *講座は、日々の気づきなどを話し合うことからスタートします。


午後3時10分からの講座では、「ハトホルたちのエクササイズ」の基本形や、大切な「心臓」への感謝のエクササイズも行います。「自発功」のエネルギーは、いま、エネルギーを必要としているのがどこであるのか、参加された方たち自ら気づくかたちで的確に教えてくれるはずです。
 なお、今回も参加者のみなさんとご一緒に、エネルギーの流れを体験するワークを行いたいと思います。
 ワークのおわりには「背骨の浄化」や「邪気を払う」「生命エネルギー」などを取り入れ、参加者のみなさんのエネルギーバランスを整えます。
 初めてご参加の方も、もちろん歓迎いたします。どうぞ、ご一緒にエネルギーの流れを体験いたしましょう!ご参加をお待ちしています。






定員になり次第締め切らせていただきますのでお早めにお申し込みください。

e0278631_20461081.jpg


● 場所 マイスペース&ビジネスブース
ルノアール池袋西武横店
住所 東京都豊島区南池袋1-16-20
ぬかりやビル2階 1号室(その月により変わることがあります。ご確認の上、入室ください)
(JR池袋東口西武百貨店側から徒歩6分) 電話 03-5960-0056
●午後3時10分から午後5時まで(入室は午後3時から)
● 参加費用 4000円(飲物料金含)*ただし個人セッションをお受けになられた方は3500円となります 


***********************
●講座の前に個人セッションもお受けしています
(午後2時から午後3時まで/講座前特別価格)
* 30分 6500円(飲物料金含) 1時間 12500円(飲物料金含)
* あらかじめご予約・ご相談ください。
***********************



♥「魂&ハトホルエクササイズ」のお申込み&お問合せはこちらからどうぞ



♥ヒーリング・セッションほか、浄化などのご相談&お申し込みはこちらからどうぞ
♥スピリチュアル・ヒーリング・シャワーの活動についてはこちらからどうぞ
[PR]
by spirituals-2 | 2015-09-14 22:15 | 魂&ハトホル講座 | Trackback | Comments(0)

体験その2 ジュディス・カーペンターさんのシッティングを受ける

体験その2

ジュディス・カーペンターさんのシッティングを受ける

e0278631_14221173.jpg

(昨年9月末、沖縄で見た空)

2015年8月10日(月曜日)、ジュディス・カーペンターさんのシッティングを受けました。

まず、名前と生年月日を通訳の方にお伝えすると、ジュディスさんご自身もメモに書かれていました。

この名前を指でたどりながら、情報をキャッチするのでしょうか。私には、そんなふうに見えました。

以下、ジュディスさんとのやりとりを書いておきます。

ジュディス、以下Jと記します。
 



J「いま、あなたのなかに入ると、何か抱きしめたい気持ちが自然に沸いてきたの。

とても不思議ですが、両腕で抱きしめたい感じ。なぜかしら?」

私「もしかしたら、私がヒーラーであることと関係があるのかもしれません」

ジュディスさんは、納得されたように大きくうなずかれました。そして、ヒーラーのときの二つの映像が伝わってきました、と言いました。

J「そのうちの一つはイギリスです。とても暗いじめじめした大きな広い場所で、横たわっている大勢の人たちがいます。あなたは、その人たちのお世話をされています。みんな貧しくて、病にかかってもお金が払えない人たちです。

あなたは、献身的に尽くしています。とにかく暗くてじめじめしたところです。伝染病でも流行っているのかもしれません。
そのとき、あなたともう一人の人が大勢の人を励ましながら力を差し出しています」


私「そのときも私は女性ですね」

J「そうです」

私「もう一人の人は今生で出会う方ですね。もう、出会っているといってもいいのかもしれませんが」

J「そうです。相手は気づいていないかもしれませんが、出会っているのかもしれませんね」

私「その人は、イギリスのときは女性ですが、いまは男性ですね」

J「そうです」

私「(思い当たる人の名前を言ってみました。)
 
 ○○○○さんでしょうか?」

J「そうかもしれませんが、はっきりとはわかりません。剣道ということばが聞こえました…」

私「剣道ですか? ○○道ではありませんか?」

J「えっ?」

ジュディスさんにとっては、聞き慣れないことばであったようです。通訳の女性が○○道という武道の一種ですが…と説明されました。

J「そうかもしれませんが、私には剣道と聞こえたように思います」

私「わかりました。ありがとうございます」
 
それから、もう一つの伝えられてきた映像に移りました。

J「エジプトです。今度は全くちがう場面です」

私「神殿でしょうか?」

J「そうです。ファラオに仕えています。そのファラオの名前もわかります。ちょっとお待ちくださいね…」


そう言って、私が仕えていたファラオの名前を受け取っているように見えました。

 やっぱり、エジプトだわ…。

私はエジプト人として8回生まれ変わったことがあります。その多くは、神官であったということを知っています。
そして、イスラエル人(ヘブライ人)としては7回。

 
そして、まもなく告げられたファラオの名前に、納得した私がいました。



つづく


*体験その1 
ジュディス・カーペンターさんのシッティングを受ける


*体験その3 
ジュディス・カーペンターさんのシッティングを受ける


(関連の記事)
*ジュディス・カーペンターさんのおでこについて


[PR]
by spirituals-2 | 2015-09-04 15:04 | Trackback | Comments(0)

体験その1 ジュディス・カーペンターさんのシッティングを受ける

体験その1 

ジュディス・カーペンターさんのシッティングを受ける

e0278631_017874.png

(【ジュディス カーペンター プライベートシッティング】2015年8月in東京/の画像を転載させていただきました)



 2015年8月10日(月曜日)、ジュディス・カーペンターさんのシッティングを受けました。

 ジュディスさんのことをはじめて知ったのは、二年前。「癒しフェア」に来日されていたときのことでした。 

 当初、ワークショップを受ける予定はなかったのですが、気になって取り寄せた著書を会場に向かう電車のなかで読んでいるうちに、この著者をこの目で見たいと思い、会場で予約を入れました。その日の私は、広い会場から会場へと移動することになっていて、ワークショップも途中で抜け出さないと次の会場に行くことができないとわかった上での予約でした。


 ところが、途中で抜け出すどころか、前のワークショップが後ろに押してしまい、ジュディスさんのワークショップの会場にたどりついたとき、始まって20分くらいは経ってしまっていました。


 (お手洗いに行くひまもなく、そのまま移動したかたちになりました)


 小さな会議室にはぎっしりの人が座っていました。わたしは後ろの出口に近い場所に坐りました。

 黄色い服の女性について、ジュディスさんは「疲れていますか?何かされていますか?」といったふうなことをシッティングでやってくる情報をもとにたずねていました。

 女性は「ダンスをやっています」というふうなことを答えたと思います。

「ダンスではそんなふうに疲れることはないでしょうけど…」といったふうなことをジュディスさんは言ったように思います。


 そして、次のシッティング。「なんだか、たくさんの紙が見えます。

 貴重な情報が詰まっている紙です」といったふうなことを言っています。

 わたしの席からはジュディスさんはあまり見えません。ジュディスさんのほうからもわたしのことは見えないはずです。


 通訳の人が歩いてきます。わたしの方角にやってくるみたいです。

 わたしは思わず、後ろを振りかえりましたが、だれもいません。


 わたしに向かってやってきているみたいだとわかりました。

「紙がたくさんありますか?」とたずねられたように思います。

「本はいっぱいあります」と答えました。

「情報が詰まっている紙がたくさんあります」とまた、言われました。

「精神世界の情報をプリントアウトした紙がたくさんあるからそのことを言っているのかもしれない」と心のなかで思いました。

 その会場に入ってまもなくのことでした。

 そのあと、ジュディスさんは「お手洗いに行きたい人は行ってください」と言いました。

 まるで、わたしが行きたいとおもっているのを知っているかのような口ぶりでした。ワークショップは始まってそんなに経ってないので、もちろん行きたいという人はいないようでした。

 でも、二、三度繰り返して言ってくれたので、結果、わたしはその場を離れることができたのでした。私のほかにももう一人、女性が立ちあがっているのが見えましたが、この方はすぐに戻ってくる方だと思いました。

 わたしは、次の会場に移るので、もう戻らないことをジュディスさんはわかっていて行かせてくれたのだと思いました。

 ジュディスさんには、(お手洗いに行きたい)と思っている人(わたし)の「想念」をキャッチすることができるのです。

 そのとき、思いました。

「ジュディスさんのシッティングをきちんと受けてみたい」


 しかし、去年は「癒しフェア」には来られませんでした。

 そして、今年。

 私は、「癒しフェア」のワークショップだけでなく、ジュディスさんの個人的なシッティングにも申し込みました。


 ジュディスさんのシッティングを受けることができたのです。


 つづく

.
(関連の記事)
*ジュディス・カーペンターさんのおでこについて



*体験その2 ジュディス・カーペンターさんのシッティングを受ける
*体験その3 ジュディス・カーペンターさんのシッティングを受ける

 
[PR]
by spirituals-2 | 2015-09-01 00:51 | Trackback | Comments(0)

心理カウンセラー&スピリチュアル・カウンセラー/サイキック・ヒーラー


by スピリチュアル・ヒーリング・シャワー
プロフィールを見る
画像一覧