<   2014年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

進藤義晴先生の「冷えとり」をゆるやかに実践、一年4カ月経過しました。

「夏こそ、冷えとり!」


e0278631_1041812.jpg

(昨日届いた五本指ソックス。「夏こそ冷えとり!」の気持ちで、この暑い夏も五本指ソックスをはいています)

 以前なら、夏の間、家の中で靴下をはいて過ごすなんて、考えられませんでした。
 しかしいまでは二年目に突入。一年前のちょうどいまごろ書いた記事を参考にしていただければとおもいます。
そして、去年も紹介しましたが、熱中症で倒れることのないよう、もう一度紹介したいとおもいます。

(略)さて、夏になると熱中症で亡くなる方がおられます。これは、素足によって足元が冷え、知らぬ間に体の芯が冷え切ってしまうことが原因です。発汗による体温調節ができないので、上半身がどんどん熱くなります。血液の温度が上がっていくと、脳にもダメージが与えられます。脳細胞は、40℃以上になると機能しなくなり、熱中症となって倒れてしまうというしくみです。(略)

*「心臓が毒を出す夏こそ冷えとりを」(進藤義晴先生)から抜粋させていただきました。

 そして、いまではあれから一年。スタートしてから1年4カ月が経過したことになります。
並行して、自発功を行っているので、すべてが「冷えとり」のおかげとはいえないとはおもいますが、あきらかに以前とちがっている点をあげてみることにします。

1,おなかがあったかい。
2,今年は、大好きなチャイナ服のブラウスが再び着られるようになりました。(少しずつではありますが、体型がスリムに戻ってきているのかもしれません)

3、足首のむくみがとれたので、足袋のこはぜがらくらくとめられるようになりました。(これまで、こはぜの一番上の部分がとめられなくなっていて、数年前から0.5センチ大きめの足袋を買い足していましたが、今年は、ぶかぶかに。捨てきれずに置いてあった元の大きさの足袋も再びはくことができるようになりました。要するに、冷えとり効果が出て、むくみが少なくなってきたのです)


 以上は、わたしがゆるやかな「冷えとり」の実施(5本指の靴下をはくこと。そして、お風呂は烏の行水をやめて、ぬるめのお湯で、15分は湯船につかるようにすること。以上の二点をできるだけ実行しています。時間がないときは、5分でも湯船につかるようにします)の結果です。
 これからも続けていきたいとおもいます。


[PR]
by spirituals-2 | 2014-08-24 23:19 | 冷えとり+熱中症 | Trackback | Comments(0)

その2「降圧剤は飲まない」を選択。(家人の場合)

e0278631_20232442.jpg


 「このままだと、どんどん下がってしまう。あらためて仕切り直してくれない?」
 
 上の言葉は、「降圧剤は飲まない」を選択した家人のものです。

 そして、しばらくは正常値に戻ったものの、その後、安心してついついお酒を飲みすぎたのでしょうか。
 またしても140くらいにアップしてしまいました。それから140を下ることなく、150までアップ。何かがおかしいと思った家人。

「何かやったでしょう?」とわたしに言います。
 
 わたしは、何もやりませんでした。
 「何もやっていないはずがないとおもう」と家人。
 「きっと何か思ったりしたはずだ」と言います。
 「それとも、意識をまったく向けなくなったとか…」

 要するに、勝手にお酒を飲んでいるんだから、「もう、知らない」と気持ちがプイと離れたんじゃないのか、とわたしの性格を知っているので、痛いところをついてきます。

 気持ちがプイと離れた、という点には覚えがありました。

 そのとき、思ったことと言えば…。
「いくら正常値になっても、本人が血圧によくないことはしないという自覚がないと、むずかしいんじゃないの」ということでした。

 「もう一度、仕切りなおしてくれない?」
 と言われて、再挑戦。

 きょうで二日目ですが、128、129と正常値に戻りました。
 
 速攻で正常に戻ることにはびっくりします!


 血圧に関しては、「血圧の正常値」に特化したほうがいいのか、しないほうがいいのか実はよくわかりません。個人個人ちがいがあるということなのでしょうね。


 特化しなくても、気のバランスを整えるエネルギーをお送りしたり、身体バランスを整えるエネルギーをお送りすることで、血圧が安定される方もいらっしゃいます。

 その人にとって、どのエネルギーが適しているのか、リーディングしながらお送りすることになります。



 *その3「降圧剤を飲まない」を選択。(家人の場合)へとつづく 




 
[PR]
by spirituals-2 | 2014-08-21 20:48 | 降圧剤は飲まない | Trackback | Comments(0)

「降圧剤は飲まない」を選択。(家人の場合)

e0278631_22431936.jpg

(夏目漱石や岡倉天心も食した羽二重団子屋さんで一服…)

 久しぶりに家人の登場です。

 数年前、血圧のことで「降圧剤を飲むか飲まないか」という決断を迫られたことがありました。降圧剤を飲み始めたら、ほぼ毎日飲むことになるのでしょうから、薬に対して毛嫌いしているわたしとしては反対しました。


 しかし、家人の気持ちは大きく揺れたのでした。
 「飲むべきか飲まざるべきか」
 結局、医師とは疎遠になりながら(医師の提案にそむくということは、医師とは疎遠になることを意味するようですね)、飲まないほうを選んだのでした。


 しかし、仕事もハードなこともあり、酒量が増えると、てきめんに血圧の数値に比例するので、家人の心配はつづいていました。
 「なんとかならないのかなあ」とひとりごとがつづきます。一方、わたしの血圧は低い。上が100の数値を切ることもあるくらいなのですが、血圧に対して無頓着だし、あまり同情のなかったわたしは興味をもたなかったところがありました。


 そんなある日のこと。
「なんとかならないのかなあ」という家人の言葉がこの日ばかりはふと耳に届きました。
「だったら、血圧が下がれば問題ないんじゃないの」という言葉が次の瞬間にはわたしの口をついて出ました。

 すると、不思議なことにその次の日から、血圧が下がり始めたのでした。


 生活態度も変わらないのに、適切な数値になり、それどころか一週間もすると109くらいになってしまったのです。
 さすがにこんなに低くなったことは初めてらしく「血圧計が壊れたかもしれない」といいながら、もう一度測っています。でも、今度はもっと低くなったりする。
 「おかしい」というので、わたしも測ってみることにしました。
 すると上が106なので、正常。壊れていないのでした。


「このままだと、どんどん下がってしまう」と家人。


 そこで、数日前にわたしが言った言葉に思いあたったのです。

「血圧が下がれば問題ないんじゃないの」

 この言葉に従ったら、これからも数値はどんどん下がる一方ということになってしまいます。

「あらためて仕切りなおしてくれない?」

 ということになり、上を130前後になるように設定しなおしました。

 すると、ちゃんとそのようになるのです。

 ほんとうに言霊(ことだま)ってあるのですね。
 

 ただ、あまりお酒を飲みすぎたりしては、この数値は約束を守ってはくれないようです。

 
 
*降圧剤を飲んでいる方には、飲みつづけながら「血圧を下げる」というエネルギーを使うことはしない方がいいとおもいます。数日は並行してもいいとはおもいますが…。

 エネルギーをお送りすると、すでに「血圧は下がっている」ので、降圧剤は飲む必要はないからです。それにも関わらず、飲み続けているとどんどん低くなるという結果になってしまいかねません。

 このとき、このエネルギーを信頼していただき、降圧剤を止めるという決断は非常に勇気のいることなのかもしれませんね。

 




*「その2 降圧剤は飲まない」を選択。(家人の場合) へつづきます。
[PR]
by spirituals-2 | 2014-08-12 23:31 | 降圧剤は飲まない | Trackback | Comments(0)

8月16日(土曜日) 講座&個人セッションのお申込を受け付けています

お知らせです
e0278631_2218992.jpg

午後2時から3時までの個人セッションのお申込受付は終了いたしました。ありがとうございました。


きょうは第27回「魂について考える&ハトホルたちのエクササイズ」講座のお知らせです。

自然界が猛威をふるうこの頃、無事でいられることにあらためて感謝いたします。みなさまにおかれましては、お元気でお過ごしのこととおもいます。

 第27回目にあたる8月16日(土)の会場は、池袋東口の西武横店(ルノアール会議室)と変わりありません。
JRの池袋東口を背中にして、右側にまっすぐ歩いて約6分ほどです。こちらには会議室のみで喫茶室はありません。入口は目立たなく、ぬかりやビルが目印です(ビルの壁の看板にルノアール会議室とあります)。会場にはソファが置かれていますので、少々早く到着された場合は、ここでお待ちいただければとおもいます。



定員になり次第締め切らせていただきますのでお早めにお申し込みください。

e0278631_20461081.jpg


● 場所 マイスペース&ビジネスブース
ルノアール池袋西武横店
住所 東京都豊島区南池袋1-16-20
ぬかりやビル2階 5号室(その月により変わることがあります。ご確認の上、入室ください)
(JR池袋東口西武百貨店側から徒歩6分) 電話 03-5960-0056
●午後3時10分から午後5時まで(入室は午後3時から)
● 参加費用 3990円(飲物料金含)*ただし個人セッションをお受けになられた方は3500円となります 



***********************
●講座の前に個人セッションもお受けしています
(午後2時から午後3時まで/講座前特別価格)
* 30分 6500円(飲物料金含) 1時間 12500円(飲物料金含)
* あらかじめご予約・ご相談ください。
***********************
*2014年4月の消費税引き上げに伴い、施設使用料金、飲物料金にも変化がありました。
これに伴い、以上のような価格設定とさせていただきました。



♥「魂&ハトホルエクササイズ」のお申込み&お問合せはこちらからどうぞ


 講座は、日々の気づきなどを話し合うことからスタートします。そして、エネルギー・ワークはハトホルたちのエクササイズを中心に行います。
 
「ハトホルたちのエクササイズ」の基本形や、ご自分のエネルギーを整える呼吸法のレッスンを中心にすすめたいとおもいます。
 ワークのおわりには「背骨の浄化」や「邪気を払う」などを取り入れ、参加者のみなさんのエネルギーバランスを整えます。
 初めてご参加の方も、もちろん歓迎いたします。どうぞ、ご一緒にエネルギーの流れを体験いたしましょう!ご参加をお待ちしています。
 





♥ヒーリング・セッションほか、浄化などのご相談&お申し込みはこちらからどうぞ
♥スピリチュアル・ヒーリング・シャワーの活動についてはこちらからどうぞ
[PR]
by spirituals-2 | 2014-08-09 14:22 | 魂&ハトホル講座 | Trackback | Comments(0)

心理カウンセラー&スピリチュアル・カウンセラー/サイキック・ヒーラー


by スピリチュアル・ヒーリング・シャワー
プロフィールを見る
画像一覧