<   2013年 05月 ( 19 )   > この月の画像一覧

一周忌にお元気な姿を見せてくれたMさん…。

お稽古にいらしたMさん

 
e0278631_955032.jpg



 きょうはお茶のお稽古の日。お稽古に出かける前から、去年の5月に亡くなられたMさんのことを思い出していました。
 「もう、一年になるのだわ」と。
 すると、きょう、Mさんの姿をお茶室の水屋で見かけたのです。
 
 玄関のドアを開けて、わたしがいつもまず無意識にしていることは、社中の人たちの草履や靴をみることです。先にどなたがいらしているのか、さりげなく確認しているのだとおもいます。
 わたしが行った時点で、草履の人が二人。靴のひとはまだ見えていないとおもったことをおぼえています。お茶室のなかから、先生の声と社中の方の話し声が聞こえてきます。お茶会に行った方が先生にそのときの様子を話されているのでした。笑い声も聞こえてきて、たのしそうです。

 バッグを置いて、まず、お手洗いをお借りしようとおもうのですが、足袋カバーもこの時点で脱ぎました。しゃがんで脱ぐわけですが、ふと、水屋を見ると(玄関からすぐ右にお茶室があり、そこには水屋が設置されているのです)、座っている人が見えました。きれいな黄緑色のスカートに真っ白なソックスをはいているのが見えます。水の音がします。上半身はふすまで見えませんが、前傾する姿勢でお水を使っているのでお尻と足が見えます。白いソックスの白さがきわだっています。まるで足袋のようなソックスだとおもいました。

 お点前が終わってお片付けをしているのでしょうか。それとも、これからなので準備をしているところなのでしょうか、とおもいながら、それにしても、ふつうならどなたの場合もふすまから顔を出して、ちょっとご挨拶してくださるのに、ずっと洗い物をしている様子。この時間にお洋服で見える人は誰かしら…。これらのことを瞬時におもいながらも、とにかくお手洗いをお借りすることにしました(この時点では、玄関に靴が脱がれていなかったことについては、すっかり忘れていたし、自分のなかではつながりを持っていませんでした)。

 その後、玄関先に戻ったときには、お茶室のなかに入られたのでしょうか。その人は水屋にはいませんでした。
 そうするうちに、玄関のドアが開いて、またひとり社中の人がやってきました。洋服姿でした。草履三人(一人はわたし)と靴が一人となったわけです。
 先生とご挨拶して「花月」というお稽古をしているときに、ふと思い出しました。
 そういえば、黄緑色のスカートをはいていた人がどこにもいないということに。

「さっき、黄緑色のスカートをはいていた人を見かけたんですけど」

 おもわず、お茶室で言ってしまったわたし。
 「あなたは霊感がおありだから、見えたのでしょうね。わたしには見えないけれど…」
 先生はさらりとおっしゃいます(これまで、先生と霊的な話をしたことはなかったのですが…)。
 「Mさんね、きっと」
 社中の方たちも口々にそう言います。

 Mさんと先生は30数年もの長いおつきあいの方でした。素晴らしい方だった、と先生はMさんのことをあらためてお話ししてくださいました。
 Mさんの一周忌に、期せずして、Mさんのことが話題にのぼった形になりました。

 Mさん、お元気な姿を見せてくださって、ありがとうございます。
 これからも、ごいっしょにお稽古しましょう。
 
 
 




 
[PR]
by spirituals-2 | 2013-05-31 23:58 | ヒーラー日記 | Trackback | Comments(0)

第三の目に集中エネルギーを受ける(自発功体験中)

自発功体験はつづきます。
e0278631_17454562.jpg



 いちにち、15分間の自発功体験を、このところ家人の要望もあり30分に延長しています。
 すると、15分のときとプログラムがすこし変わるようです。
 15分の場合だと、家人はひたすら後屈・前屈を繰り返すので激しい運動量のように見えましたが、30分になると、腕を左右にぶらぶらさせる動きがあいまに入って、少しは一息付けている様子です。
 
 そして、わたしは、最近はベリーダンス風の動きは影をひそめています。
 ひたすら、突っ立ったままなのです。
 突っ立ったまま、なにをしているのか。

 「第三の目にエネルギーがやってくるのを受け止めているのです」

 このエネルギーの強弱を30分間、感じ続けています。
 そういえば、数年前に、自発功を体験していたときも、30分バージョンにすると「第三の目」に集中することをおもいだしました。


 わたしはベリーダンス風が気に入っているのですが、いまは、第三の目がエネルギーを必要としているのでしょうか。
 まだしばらくは、この姿勢がつづきそうです。
[PR]
by spirituals-2 | 2013-05-29 17:47 | ヒーラー日記 | Trackback | Comments(0)

地面がウエーブを見せてくれた日…。

 妹の話です。
e0278631_2274310.jpg

 妹が庭の草とりをしていたときの話です。
 いつもは軍手をするのに、きのうは素手で土にふれたくて、軍手はしないでいたのだそうです。
 すると、目の錯覚でしょうか?
 地面が波打ち始めたのだそうです。
 妹は自分の目をうたがってみました。
 どうしたんだろう? 
 どうにかなってしまったのか?
 目の前の地面が波打つなんて!

 じっと見ている間にも、地面は順番に波打っていきます。

「よくあるでしょう。サッカーの試合場で、みんなが立ちあがって応援することって。きのうは、土の精がみんなで順番に立ちあがって応援しているみたいな感じだったの」


 しばらく、そうやって地面がウエーブを見せてくれたのだそうです。
 妹の応援団なのでしょうか。
 




 
[PR]
by spirituals-2 | 2013-05-26 22:08 | 妹の話 | Trackback | Comments(0)

トルコ桔梗さん、ありがとう。

トルコ桔梗さん、ありがとう。

e0278631_1411753.jpg

(ムシカリの葉、ナルコランの葉、トルコ桔梗 お稽古場にて)

 左右対称ふうに活けたお花。
 八重のトルコ桔梗は、一見、お花が重いように見えますが、話しかけるとうなずきながら、軽やかに答えてくれます。

「わが家に来てくれてありがとう」
「こちらこそ、ありがとう」


 ムシカリ、ナルコランとも仲良しのトルコ桔梗さん。花器のなかでみんなの息がぴったりあっている感じがします。いちにちじゅう、幸せな気持ちにさせてくれます。

*トルコ桔梗の花言葉
優美、希望、よい語らい、清々しい美しさ など。
お花に対するきょうのわたしの気分は、清々しい美しさでしょうか。
*ムシカリの花言葉
以心伝心
*ナルコランの花言葉
元気を出して  心の痛みのわかる人
[PR]
by spirituals-2 | 2013-05-24 14:27 | ヒーラー日記 | Trackback | Comments(0)

6月8日(土)「魂について考える&ハトホルエクササイズ」は二年目に入ります。


 もうすぐ六月になります。
 去年の六月、ハトホルたちのエクササイズをお伝えしたくて開いたこの講座。
 おつきあいいただき、おかげさまで一年が経ちました。続けることができて、よかったなとおもいます。
 さて、二年目に入る六月八日(土)—いつもは第三土曜日ですが、この回だけ第二週となります—からは、参加されるみなさまに喜んでもらえるためには、どのようなプログラムがよいかと考えています。考えることは、たのしいです。

 魂は永遠であること

 だとしたら、わたしたちはどんなふうに生きていけばいいのでしょう。
 この基本的な姿勢を守りながら、エネルギーワークのハウツウものにおちることなく、いっしょに学ぶことができればとおもっています。 
 「一期一会」の気持ちを持ちながら、二年目もみなさまと共に、たのしいひとときを過ごしたいと願っています。
 
 近くなったら、また、ご案内いたします。
 そして、六月に入りましたら、少しお休みしていた「難病の方への無料遠隔ヒーリング」のお申込など、このブログにてお知らせいたします。
 よろしくお願いいたします。


♥「魂&ハトホルエクササイズ」のお申込み&お問合せはこちらからどうぞ

♥会場など、詳細はこちらをごらんください♥
[PR]
by spirituals-2 | 2013-05-22 19:59 | 魂&ハトホル講座 | Trackback | Comments(0)

治ったのではなく、ある日消えてしまった…(続々 波動と感謝の深い関係について)

 きのうのつづきです

 他にも不思議なことがあった。
 彼女が運転の免許を取ってまもなくのことである。事故を起こしたという電話が本人からかかってきたので、電話をかけたりして大丈夫なのかと聞くと、何ともなかったけれど、疲れたので、これから帰って寝るというのだ。
 後で知るのだが、余所の家の門にぶつけてしまったらしかった。この時も、レントゲンなどで調べても何ともないので、医師が驚いていたのだそうだ。

 葉室宮司もまた、重度の結核が、治ったのではなく、ある日、消えてしまったのだという。

 この著書では、〈神道〉の話と並行して語られる、宮司自身の波瀾万丈の半生もまた、興味ぶかい。



*わたしの文章は『魂は死なない、という考え方 読書案内45+1』からの抜粋。
[PR]
by spirituals-2 | 2013-05-21 12:55 | 読書の時間 | Trackback | Comments(0)

神さまの波動をいただく…。(続 波動と感謝の深い関係について)

e0278631_2283694.jpg


 「波動と感謝の深い関係について」のつづきを書いてみます。

 そういえば、こんなこともあった。
 離れて暮らしている、十月十三日生まれの私の子供から電話があり、子宮内膜の炎症部分が、卵巣に癒着して、直径六センチくらいに腫れ上がっているらしいという。医師からは、今にも破裂しそうだが、様子を見てみましょうといわれた。私は、神棚のご先祖様に手を合わさずにはいられなかった。「どうぞ、大事にいたりませんように」。そして、ひと月が経った。再びレントゲンで調べたら、その癒着がすっかり消えてなくなっているというのだ。

「貴方、ほんとうに同じ人物ですか?」

 医師からも不思議がられた、といっていた。
 他にも不思議なことがあった。



と、わたしの文章はつづくのですが、このつづきはあしたにでも書いてみますね。
 
*わたしの文章は『魂は死なない、という考え方 読書案内45+1』からの抜粋。
*このつづきは、こちらへ
[PR]
by spirituals-2 | 2013-05-20 12:09 | 読書の時間 | Trackback | Comments(0)

波動と感謝の深い関係について…。

e0278631_822303.jpg



 先日のつづきです。『〈神道〉のこころ』葉室頼昭著について、以前じぶんで書いたものがありました。宮司さまの言葉を中心に紹介させていただきます。


 
 唐突だが、『〈神道〉のこころ』を皮切りとした、〈神道〉シリーズがある。私はこの方の著書を読むのが好きである。誰に紹介されたわけではない。書店を歩いていて、偶然に見つけた著者であり、著書であった。著者は、春日大社の宮司さんでもある。宮司さんになる前は、形成外科の医師として四十年間も患者を救ってきた人だ。
 ご本人自身も絶体絶命の危機を、奇跡としかいいようのないかたちで、脱してこられた。
 「神のお恵みはみんな平等にいただいている。でも、ある人は不幸になり、ある人は幸せになる。なぜか、感謝ですよ。

神の波動は感謝しなければお恵みとなって出てこないんです。(略)

 だから病気は鍼を刺したり手術をしたら、それだけでいいというのではない。まず神さま、祖先に感謝しなさいと。神さまや祖先に感謝しない人は術後の経過がどうなるかわからないから、おれは手術をしないというんです。(略)やはり全てのものの根本となる感謝によって、宇宙からもらっている、祖先からもらっているエネルギーを出さなければ、本当には治りません。」

  そういえば、こんなこともあった。

  
 と、わたしの文章はつづくのですが、このつづきは長くなるので、いずれ紹介させていただきます。
 
*わたしの文章は『魂は死なない、という考え方 読書案内45+1』からの抜粋。
*紹介文のなかの太字部分は、わたしによるものです。
*このつづきはこちら
[PR]
by spirituals-2 | 2013-05-18 08:25 | 読書の時間 | Trackback | Comments(0)

土曜の夜から日曜の朝にかけて…。

 
e0278631_2125207.jpg


 わたしには、ものを書いて仕事をしている期間があって、いまはちょうどその時期にあたります。このところ、土曜の夜から日曜の朝にかけて仕上げる仕事が何週かつづいています。
 今朝は二時半から起き出して、七時半まで。いわゆる書く前の準備をしました。
 今夜もこれから少し準備をしたいとおもいます。
 
 とにかく、八〜九時間かけて一気に書きあげるのですが、書き始める前は緊張します。書きあげられなかったらどうしようという気持ち。この書きあげる作業について、ある人がこんなふうに表現していたのを覚えています。

「深い海の底に潜って、仕事をすませて、一気に浮上する感じ。生還できなければどうしようという不安もある」

 この仕事にむかうとき、いつもこの言葉が頭に浮かびます。

 どうぞ、無事に生還できますように…
(納得のいく原稿に仕上がりますように…)。


 
 5月いっぱいはつづきます。
[PR]
by spirituals-2 | 2013-05-16 21:28 | ヒーラー日記 | Trackback | Comments(0)

5月18日(土)講座&個人セッションのお申込を受け付けています

お知らせです
e0278631_21144456.jpg


5月18日(土曜日)、第12回「魂について考える&ハトホルたちのエクササイズ」講座を行います。この講座も、今回でまる一年を迎えます。これまで参加してくださった方々に心より御礼申し上げます。ありがとうございました。そして、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

今回は、エネルギー・ワークを中心に行いたいとおもいます。
○ハトホルたちのエクササイズ
○自発功体験
○チャクラ呼吸法(今回は、アナハタチャクラ)
○セルフ・ヒーリング
などなど

そして、参加されている方のご希望に応じて、エネルギーバランスを整えます。

講座前の個人セッションの受付は、明日の夜(5月16日/木)、午後10時までで締め切らせていただきます。よろしかったら、お早めにお申込くださいませ。
***********************
(午後2時から午後3時まで/講座前特別価格)
* 30分 6000円(飲物料金含)  1時間 12000円(飲物料金含)
*個人セッションのみのお申込も受け付けています。
***********************


♥「魂&ハトホルエクササイズ」のお申込み&お問合せはこちらからどうぞ

♥会場など、詳細はこちらをごらんください♥
[PR]
by spirituals-2 | 2013-05-15 09:07 | 魂&ハトホル講座 | Trackback | Comments(0)

心理カウンセラー&スピリチュアル・カウンセラー/サイキック・ヒーラー


by スピリチュアル・ヒーリング・シャワー
プロフィールを見る
画像一覧