<   2013年 03月 ( 17 )   > この月の画像一覧

「難病の方への無料遠隔ヒーリング」について。

e0278631_23233677.gif



 今夜、第二回「難病の方への無料遠隔ヒーリング」の三度目をお送りしました。

 
 お受けいただいたみなさまのお身体が少しでも楽になりますように、心よりお祈りいたします。
 身体のなかに入ったエネルギーは、これからも活動をつづけてくれることとおもいます。

お送りするエネルギーを信頼してくださり、お受けいただきありがとうございました。

 
 なお、症状は完全にゼロとなったとおもえても、隠れていることがございます。これからもお身体に気をつけられて、お過ごしくださいますようお祈りいたします。


 ♥第三回「難病の方への無料遠隔ヒーリング」のお申し込みにつきましては、6月はじめにこのブログにてお知らせいたします。



♥「魂&ハトホルエクササイズ」のお申込み&お問合せはこちらからどうぞ
♥ヒーリング・セッションほか、浄化などのご相談&お申し込みはこちらからどうぞ
♥スピリチュアル・ヒーリング・シャワーの活動についてはこちらからどうぞ
[PR]
by spirituals-2 | 2013-03-31 23:31 | 難病の方への無料遠隔ヒーリング | Trackback | Comments(0)

「第四チャクラ」を使って施術をする

e0278631_8393393.jpg

(『人は死なない』矢作直樹著)

 先日、矢作直樹(やはぎなおき)さんのお話を聞く機会がありました。
 矢作さんはお医者様ですが、西洋医学からすればタブー視される霊的な現象についても、そのご著書で触れられるなど、勇気のある方だとおもいます。

 その矢作さんは、ご自分でもサイキックなパワーを使われることがあるのだそうですが、そのとき、第四チャクラを使うということを言われていました。

 そう言われて考えてみると、わたしも、第四チャクラ、すなわちアナハタチャクラ(ハートチャクラ)を使うことが多いとおもいました。

 ただ、第四チャクラばかりを使いすぎるとバランスが崩れるので、アジナチャクラ(第三の目=第六チャクラ)を使ったりもします。
 ある霊能者の方から「第四チャクラがとても開いていますね」と言われたことがありますが、わたしの場合、一番開いているのは、アジナチャクラ(第六チャクラ)、その次が第四チャクラ、その次がサハスラーラチャクラ(第七チャクラ)の順番のようです。
 一番弱いのが第二チャクラ(スワディスターナ・チャクラ)なので、他のチャクラとのバランスをとるためにも、第二チャクラを鍛えていきたいとおもいます。
 矢作さんのお話のなかで、10階から飛び降りた女性の話がありました。

 「運ばれてきて、その目を見たとき、憑依だとすぐにわかりました」

 重症なのに、顔は深刻ではなかったのだそうです。
 運ばれてきたときの顔と、よくなって退院する頃の顔は別人だったとも。
 現役のお医者様が、淡々と話されるのを聞いていました。不思議なことを話されるという感じではなく、よくあることとしてお話されていたように感じました。憑依は、特別のことではないという印象を受けたと同時に、医療の世界の近未来を垣間見せてくれる、刺激的な一日となりました。Sさん、お誘いくださりありがとうございました。
 

*矢作さんのお話のなかで紹介された方々のご本を次々と購入中。力のある、サイキック・ヒーラーの方々の存在を知ったことも含めて、意義深い一日となりました。
[PR]
by spirituals-2 | 2013-03-28 23:04 | ヒーラー日記 | Trackback | Comments(0)

牛に追いかけられる夢の意味は?

「夢のなかで牛に追いかけられたけど、その意味わかる?」

 と妹に尋ねられました。
 「……」
「お店に入っても、どんな隙間からも追いかけてくるのよ。すごいスピードで追いかけてくるの」
 「……」
「少しだけ開いている扉から中に入る様子が見えたから、牛のおしりが見えたから、今のうちに隠れようとおもっていると、家のなかにも入ってきたのね。ふと足下を見ると、すぐ前におっきな牛の足が見えるの。わたしは、怖いから逃げ回っているんだけど、きっと、何か用事があって来ていたのね。何かを伝えようとしているんだけど、わたしが逃げ回るから、伝えられないのだとおもうの。意味がわかったら教えてね」

 以前は、ライオンに追いかけられた夢を見て怖かったそうですが、今度は牛。
 ライオンのときは、危機一髪で家族全員が助かったそうです。
 昨夜は、ひとりで追いかけられたそうです。怖いといっても、ライオンのときのような怖さではなく、とにかく逃げ回っていたのだそうです。
 妹の夢にはいろんな動物が現れます。それにしても、…。

 いったい、どのような意味があるのでしょう。

 一方、わたしは昨夜はシュールな夢を見ていました。
 電車から降りると、これまでの街なみはすべて消えてしまっていたのです。
 街全体に壁のような巨大なパネルがあらわれて(ただし、一枚のパネルではなく、正方形のパネルがいくつもつながっているのでした)、そのパネルをリモコンのようなもので操作すると、いくつかの正方形の部分がパッと消えてしまうのでした。パネルが消えたあと、街があったはずの場所には、雪をかぶった山々がありました。空は青く澄んでいました。
 わたしは高いところに坐って、リモコン操作をしているのです。
 悲しいという感情もなく、ただ、パネルが消えていくのを見ていました。
「街が消えたのは、なぜ?」
 もう一人のわたしは不思議におもうのですが、リモコン操作中のわたしは不思議だともおもっていない様子でした。淡々とリモコン操作をつづけているのでした。それにしても、…。

 いったい、どのような意味があるのでしょう。

 どちらにしても、妹の見る夢のほうがたのしそう!
 



 
[PR]
by spirituals-2 | 2013-03-25 22:48 | 妹の話 | Trackback | Comments(0)

井上靖が書いた「一座建立」…。

「一座建立」について書かれたエッセイ。
e0278631_7432078.jpg

(近所に咲いたほぼ満開の桜。今年は例年にくらべて二週間ほど早く咲いたようです)

「一座建立」(いちざこんりゅう)という言葉について、作家の井上靖が書いたエッセイがあります。久しぶりに読んでみましたら、やはりとてもいい文章だとおもいました。

先日このブログに書いたのですが、「講座」の日に体験するわたしの気持ちにつながるとあらためて感じました。


一座建立 井上靖

 一座建立という言葉は、何となく馴染みにくい内容を持った言葉のように聞こえるが、決してそういうものではなく、お茶の世界の楽しさも、純粋さも、高さも、その一座に居合わせたものが、互いに相手を尊敬し、心を合わせ、何刻かの心なごんだ高い時間を共有しようという気持があって、初めて生み出すことができるものに他ならない。そういう意味であろうと思う。
 私はお茶について門外漢であって、通りいっぺんの知識しか持ち合わせていないが、その時居合わせた一座の者たちが、互いに心を触れ合わせて造り上げるたいへん密度の濃い、次元の高い世界であるということだけは解る。そしてそれが終わった時、すべては跡形もなく消えてしまう。そういう意味では、たいへん贅沢な日本独特の芸術世界であろうと思う。
 
 しかし、一座建立はお茶や連句だけのことではない。もっと広く考えると、一座建立によって造り上げられなければならぬものは、この現実生活の中にもたくさんある筈である。ただ現実生活に於ては、そういう一つの目的を持って、一座を形成するということがなかなか難しいので、一座建立によって生み出されたものを拾うこともまた難しいということになる。しかし、全くないわけではなさそうである。自分の過去を振り返ってみて、一生忘れることができない時間というものは、やはりその時間に立ち合った何人かの人たちによって造り上げられたものと言っていいだろうと思う。

 ただ、それが意識して造られたものでなく、その多くが偶然によって生み出されたものであるという違いがあるだけである。


(以上、抜粋させていただきました。太字及び赤い字は山本によるものです)

 「一座建立」に対するこのエッセイはわたしの気分にとても合っているのですが、講座に参加される方におかれましても、気持ちのよい時間を過ごしていただくことができたら、こんなに幸せなことはありません。
[PR]
by spirituals-2 | 2013-03-24 08:07 | ヒーラー日記 | Trackback | Comments(0)

おみくじの言葉は神様からのメッセージ

おみくじの言葉は神様からのメッセージ
e0278631_912767.jpg

(「神の教」。高知八幡宮にてひいたおみくじ)

 
 お参りを済ませたあと、おみくじをひきました。このおみくじと同じおみくじをちょうど一年前の三月、香取神宮でひいたことがありました。
 この言葉を手にしたとき、「神様からのメッセージ」だとおもって何度も読み返しました。わたしにとって、腑に落ちる言葉でした。大事に保存してあります。

 二年連続、神様から同じメッセージをいただいたことになります。

 鹿島神宮のおみくじでは、昨年まで三年連続同じ言葉をいただいたことがあります。毎年つづけて初詣に出かけていましたが、今年もお参りに行きたいです。
e0278631_9133951.jpg

(小さい頃、毎日のように高知八幡宮の境内で遊んでいたそうです)
[PR]
by spirituals-2 | 2013-03-22 09:20 | ヒーラー日記 | Trackback | Comments(0)

続 お気に入りのブックカバー 

お気に入りのブックカバーを少しずつご紹介します

(い)表は無地だけれど、中面はオレンジ。これは文庫本サイズ
e0278631_22192628.jpg


(い)閉じた感じは、とてもシンプル
e0278631_22204171.jpg



(ろ)こちらは単行本サイズ。中面はきみどり
e0278631_22223716.jpg


(ろ)閉じた感じ。大切な本とお気に入りのブックカバーと
e0278631_22234490.jpg



仕事の合間に撮影しながら、少しずつご紹介していきます。
作品がまとまった時点で、ご注文フォームをつくりたいとおもいます。
いましばらくお待ちくださいませ。

*単行本サイズの価格は1800円(実際に手にとっていただければ、きっとうれしい価格だとおもいます)プラス送料(350円)=合計2150円となります。
*文庫本サイズの価格は1500円プラス送料(350円)=合計1850円となります。
*なお、いくつかご注文いただいた場合の送料は一律350円となります。
*本の厚さを調整できるバンドがついているので便利です。
*いずれ単行本と文庫本のおそろいの図柄も考えています。おたのしみに。
*特別仕様の布でつくるブックカバーも考えています。こちらは、単行本2500円、文庫本1800円。
*お支払いは、銀行からのお振り込みをお願いいたします(振込料はお客さまのご負担とさせていただきます) 
*撮影時の光の加減やお使いのパソコンのモニターにより、色のトーンが微妙に変わることもあるかもしれません。あらかじめご了承いただければとおもいます。
*ご紹介のブックカバーは、すべて一点しかありません。すでに手元を離れていることもございます。あらかじめご了承くださいませ。


 
 
[PR]
by spirituals-2 | 2013-03-20 22:35 | お気に入りブックカバー | Trackback | Comments(0)

一期一会(いちごいちえ)と一座建立(いちざこんりゅう)

「一期一会」という言葉が好きです。


お茶の世界ではよく使われる言葉ですが「一期一会」(いちごいちえ)と「一座建立」(いちざこんりゅう)という言葉がわたしは好きです。
その意味も解釈もひとつではなく、一人ひとり異なるかもしれませんが、ここではシンプルに考えてみたいとおもいます。
ある日のことふと気づいたのでした。
それは、昨年の六月から毎月第三週の土曜日に開いている「講座」では、わたし自身、この「一期一会」と「一座建立」を体験させていただいているのではないかということでした。

出席された方に、何らかの資格をお渡しするでもなく、生きる上で身につけておかれるといいとおもわれるエクササイズ(ハトホルさん)を一緒に体験すること。そして、魂が永遠であることの気づきについて、お話をすること。そして、何らかの霊障を受けている方がいらしたら、その場でお祓いすること。体調のすぐれない方がいたら、エネルギーを整えるサポートをしてさしあげること。その場のエネルギーの変化など、ご一緒に体験すること。そのほか、何か、わたしにできることがあればサポートさせていただくこと。

知っておかれるといいとおもう「大天使のプロテクション」。チャクラの呼吸法等々。また、「講座」終了後の、軽い食事&お茶の時間では、ちょっとほかでは話すことができないお互いの霊的体験を自由に話し合う。
この「講座」が、そうした場所となり、気軽に集まっていただくことができれば、それで本望ではないかと。わたしはそれを望んでいたのではないかと、ある日、気づいたのでした。

出席される方々の顔ぶれも一度として同じということはありませんし、その時々の参加者によって、「座」の空気が変わっていくことを毎回体験できるのです。この愉しみは、何だろう。そんなふうに考えてみたとき、これはわたしが好きな「一期一会」と「一座建立」の世界と同じだとおもい到った次第。
 
「場」を必要とされる間は、「講座」を開き、必要がなくなれば閉じる。そのような自由な気持ちでいましばらくは自分自身たのしんでまいりたいおもいます。

 
みなさまも「今月は時間ができたから、ちょっと行ってみよう」というふうに、ご自由におでかけください。いつでも「一期一会」の気持ちで、お待ちしています。




お知らせ
「魂について考える&ハトホルたちのエクササイズ」講座は、毎月第三土曜日に開いていますが、6月のみ、第二土曜日(6月8日)とさせていただきます。勝手を申しますが、どうぞよろしくお願いいたします。(山本)



♥「魂&ハトホルエクササイズ」のお申込み&お問合せはこちらからどうぞ
♥ヒーリング・セッションほか、浄霊などのご相談&お申し込みはこちらからどうぞ
♥スピリチュアル・ヒーリング・シャワーの活動についてはこちらからどうぞ
[PR]
by spirituals-2 | 2013-03-18 20:50 | ヒーラー日記 | Trackback | Comments(0)

お気に入りのブックカバー

e0278631_8563496.jpg

 (旅のお供をしてくれたのは、このブックカバーでした。朝の光の降りそそぐ羽田空港の待合スペースで撮影)

 手先が器用な妹が目覚めたのが、ブックカバーづくり。表も裏も布選びからすべて真剣。
「ミシン目が全く見えないでしょう」
 と制作者の妹は言うのですが、わたしはその生地に目を奪われていたので、生返事。

「いいわね、いいわね。こんなブックカバーがほしかったのよ」

 となでさする勢いです。
「ミシン目が…」
 さらに、妹は言うのですが、もともとお裁縫が苦手なわたしは、技術は問わないというタイプ。
 制作者の妹からすれば、この反応は物足りない様子。工夫して作り上げたブックカバーなのです。
 
 「こんなに素敵なブックカバー、きっとほしいという人がいるとおもうわよ。幾つかつくってみたら?」
 「そうかしら。つくってみようかなあ」
 ということになり、幾つか出来上がりました。まず、単行本サイズ(四六判)。次は、文庫本サイズも制作しているところです。
 作品をこのブログで、紹介していきたいとおもいますが、なにしろ、たった一つしかないものです。ほしいという人が現れた場合、順次、手を離していくことになります。
 ほしいと思われた方は、近日中に作品を幾つかアップしますので、そのときにお願いいたします。
 ご注文フォームもつくります。

e0278631_9233674.jpg

(こんな感じ。栞もおしゃれですよ)
e0278631_924022.jpg

(中はこんな感じ。本の厚みを調節できるバンドもついています)


*単行本サイズの価格は1800円(実際に手にとっていただければ、きっとうれしい価格だとおもいます)プラス送料(350円)=合計2150円となります。
*お支払いは、銀行からのお振り込みをお願いいたします(振込料はお客様のご負担とさせていただきます) 
*撮影時の光の加減やお使いのパソコンのモニターにより、色のトーンが微妙に変わることもあるかもしれません。あらかじめご了承いただければとおもいます。
*ご紹介のブックカバーは、すべて一点しかありません。すでに手元を離れていることもございます。あらかじめご了承くださいませ。


 
 
[PR]
by spirituals-2 | 2013-03-17 09:27 | お気に入りブックカバー | Trackback | Comments(0)

小手毬(こでまり)との会話。

小手毬(こでまり)との会話


e0278631_9424213.jpg

 思いがけず旅が長引いて、帰りが遅くなったわたし。
 帰ってきたわたしをずっと待っていてくれたお花たち。枯れかかっても健気に待っていてくれました。

 「ただいま! 遅くなって心配したでしょ?」
 「ええ、ええ。とても心配していたの」
 「元気で迎えてくれて、うれしいわ」
 「わたしたちも、とてもとてもうれしい」
 そう言って、枝ごとゆっさゆっさと揺れて喜びを表してくれるのです。
 「ありがとう」


 とわたしがさらに御礼を言うと、ううん、ううん、御礼なんて言わないでと言うかのように

小刻みにぶるぶるさせてくれます。喜びの気持ちを全身全霊で表してくれるのです。
何度言っても、応えてくれます。
疲れるでしょうから、もういいからと言っても、聞き入れてくれる様子はありません。
ぶるぶるぶるぶるさせてくれるのです。


 お花ってほんとうにかわいいです。
 
 待っていてくれてありがとう。


♥小手毬の花言葉♥
「友情」「努力」「優雅」「品位」など。
小手毬さんに対するきょうのわたしの気分は「友情」でしょうか。出かける前の小手毬さんに対するわたしの気分は「優雅」でした。


[PR]
by spirituals-2 | 2013-03-15 09:53 | ヒーラー日記 | Trackback | Comments(0)

お知らせ(3月16日/土)「魂&ハトホルエクササイズ」体験

旅から帰ってまいりました。

 e0278631_19581120.gif



 今週末(3月16日/土)の第10回「魂について考える&ハトホルたちのエクササイズ」講座のご案内です。










 第10回目にあたる3月16日(土)は会場が変わって二回目になります。お間違えのないように、お出かけくださいませ。
池袋のルノアールは同じですが東口の池袋パルコ横店ではなくて、東口の西武横店になります。JRの池袋東口を背中にして、今度は右側に歩いて行ってください。こちらには会議室のみで喫茶室はありません。入口は目立たなく、ぬかりやビルが目印です。会場にはソファが置かれていますので、少々早く到着されても時間調整ができます。



定員になり次第締め切らせていただきますのでお早めにお申し込みください。

e0278631_1393638.jpg


● 場所 マイスペース&ビジネスブース
ルノアール池袋西武横店
住所 東京都豊島区南池袋1-16-20
ぬかりやビル2階 5号室(その月により変わることがあります。ご確認の上、入室ください)
(JR池袋東口西武百貨店側から徒歩6分) 電話 03-5960-0056
●午後3時10分から午後5時まで
● 参加費用 3500円+飲物料金(450円)=3950円



***********************
●講座の前に個人セッションもお受けしています(講座前特別価格)。
* 30分 6000円(飲物料金含)  1時間 12000円(飲物料金含)
* あらかじめご予約・ご相談ください。
***********************

♥講座前の個人セッションのご予約状況♥

現時点では14時00分〜14時30分までの30分枠がございます。
よろしければ、お早めにお申し込みくださいませ。

1時間(12000円/飲物料金はいただきません) 
30分(6000円/飲物料金はいただきません)



 エネルギー・ワークはハトホルたちのエクササイズを中心に行いますが、エネルギー・レッスンとして、今回はチャクラ呼吸の第二回目「スワディスターナ・チャクラ」を体験します。
 チャクラ呼吸をマスターすることで、エネルギーをさらに体内にとりいれることができるようになります。2月はムーラダーラ・チャクラ、3月はスワディスターナ・チャクラ、4月はマニプラ・チャクラ、5月はアナハタ・チャクラ、6月はヴィシュダ・チャクラ、7月はアジナ・チャクラ、8月はサハスラーラ・チャクラと七つのチャクラ呼吸を順番に体験していきます。
 ワークのおわりには「背骨の浄化」や「邪気を払う」などを取り入れ、参加者のみなさんのエネルギーを整えます。講座やエネルギー・ワークは初めての方でも参加していただける内容となっています。どうぞ、ご一緒にエネルギーの流れを体験いたしましょう!ご参加をお待ちしています。
 ご都合でお時間がとれず体験できなかったチャクラ呼吸については、個人セッションでもお受けしてまいります。ご相談ください。




お知らせ
「魂について考える&ハトホルたちのエクササイズ」講座は、毎月第三土曜日に開いていますが、6月のみ、第二土曜日(6月8日)とさせていただきます。勝手を申しますが、どうぞよろしくお願いいたします。(山本)



♥「魂&ハトホルエクササイズ」のお申込み&お問合せはこちらからどうぞ
♥ヒーリング・セッションほか、浄化などのご相談&お申し込みはこちらからどうぞ
♥スピリチュアル・ヒーリング・シャワーの活動についてはこちらからどうぞ
[PR]
by spirituals-2 | 2013-03-14 19:53 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

心理カウンセラー&スピリチュアル・カウンセラー/サイキック・ヒーラー


by スピリチュアル・ヒーリング・シャワー
プロフィールを見る
画像一覧