<   2013年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

続 びまん性汎細(はんさい)気管支炎(難病)について

 12月24日の「ヒーラー日記」に書いた「びまん性汎細(はんさい)気管支炎(難病)」のつづきを書いてみたいとおもいます。

 つい最近、Eちゃんと会いましたが、約3時間過ごしているあいだに、咳は一度だけ。それも軽い咳でした。歩くのもラクになったし、夜中もほとんど咳は出なくなって、眠れるようになったし、食事もすすむようになったそうです。
 レントゲン撮影を見せてもらいましたが、こちらのほうは、素人が見てもよくわかりませんでした。
 ただ、難病指定をしてもらうためにレントゲン撮影が必要なのだそうです。
 「この病気は、一生、薬を飲まなければいけないみたいだから」と言っていましたが、その言葉に対して「いずれお薬は飲まなくても大丈夫になるとおもうけど」とは、わたしには言えませんでした。
 「よくなってきたら、先生とお薬のことは相談してみたら…」と言うにとどめました。

 何はともあれ、咳が出なくなったのをこの目で確かめられてよかったです。

*この記事のつづきを書きました

♥第一回 びまん性汎細(はんさい)気管支炎(難病)について
♥第二回 びまん性汎細(はんさい)気管支炎(難病)について
♥第三回 びまん性汎細(はんさい)気管支炎(難病)について♥第四回 びまん性汎細(はんさい)気管支炎(難病)について

♥昨日、第一回「難病の方への無料遠隔ヒーリング」お申込を受け付けました。これからも、この無料遠隔ヒーリングはつづけていきたいとおもっています。

*日をあらためてお知らせいたしますが、来月2月16日/土曜日(弟9回)から「魂について考える&ハトホルたちのエクササイズ」講座の会場が変わります。
池袋のルノアールは同じですが東口の池袋パルコ横店ではなくて、東口の西武横店になります。JRの池袋東口を背中にして、今度は右側に歩いて行ってください。こちらには会議室のみで喫茶室はありません。入口は目立たなく、ぬかりやビルが目印です。会場にはソファが置かれていますので、少々早く到着されても時間調整ができるようになっています。


● 場所 マイスペース&ビジネスブース
ルノアール池袋西武横店
住所 東京都豊島区南池袋1-16-20
ぬかりやビル2階
(JR池袋東口西武百貨店側から徒歩6分) 電話 03-5960-0056
●午後3時10分から午後5時まで
● 参加費用 3500円+飲物料金(450円)=3950円

近くなったら、あらためてお知らせいたします。
[PR]
by spirituals-2 | 2013-01-28 22:23 | 症例びまん性汎細気管支炎 | Trackback | Comments(0)

「難病の方への無料遠隔ヒーリング」お申込お受けします

お知らせです

e0278631_015542.gif








 先日お知らせしました「難病の方への無料遠隔ヒーリング」お申し込みを本日お受けします。







◎受付時間
本日1月27日(日曜日)午前9時〜午後9時まで


 詳しい内容は以下のとおりです。

*無料ヒーリングの対象  
◇難病認定を受けている方◇第一回目(およそ一ヵ月の間で合計三回を予定しています)のヒーリングを受けられたあとの翌日および一ヵ月後の症状(その間に気づいたことなどありましたら)についてお知らせいただける方。
 
◇受けられる方と山本の守護霊様にそれぞれヒーリングの許可をたずねます。今回のヒーリングがその方にとって適時(有効)であるかをたずねます。なお、一度にヒーリングするために同じ症状の方(ウイルス性とか細菌性とか)を選ぶことがあります。


*必要事項 
性別 年齢 お名前 お住まいの地域 病名 発症時期 症状などお知らせください。

*対象の人数 
今回は3人とさせていただきます。


*第一回お申し込み受付は本日1月27日(日曜日)の午前9時から午後9時までの間となります。
お申し込みのフォームからお申し込みください。今回対象となられた方には数日以内にこちらからメールでご連絡いたします。ご連絡がない場合は、またの機会にお申し込みください。


*第一回「難病の方に対する無料遠隔ヒーリング」では、およそ一ヵ月間で合計3回受けることができます。そのいずれの日にちもこちらが決定した時間となります。
なお、ヒーリングの日時は第一回目は1月31日(木)の夜となります。受けられる方にはその時間をお知らせいたしますが、普段と同じ生活をされていて結構です。
あとの2日の日時については、いまはまだ未定です。

♥「難病の方に対する無料遠隔ヒーリング」は、様子を見ながら続ける予定です。
最初は変化を実感できなくても、身体のなかに入ったエネルギーが着実に働いてくれることで、いつのまにか呼吸がラクになったり、咳が出なくなったりしていることに気づかれるでしょう。ご自分の治癒力が目覚めることで、細胞が正常だった状態を思い出すでしょう。その目覚め、気づきを宇宙のエネルギーを通して感じていただければうれしいです。

(以上 文責・山本)
 



お申し込みはこちらからどうぞ
(*1月27日/日曜日 午前9時から午後9時までお受けします)

[PR]
by spirituals-2 | 2013-01-27 00:00 | 難病の方への無料遠隔ヒーリング | Trackback | Comments(0)

続・続「転ばされる」事件

 先日書きました「続 転ばされる」事件のつづきです。

 きょう書くことは、正確には「転ばされる」事件ではないのですが、あの記事の流れなのでこのタイトルにしました。

 さて、北口だけではなくて南口でもたいへんなことがありました。
 これは、わたしと目があったあとの出来事だったので、鮮明に(強烈に)覚えています。
 わたしは、改札を出て、南口の方向に向かいました。なぜか、階段のところで立ち止まりました。
理由はよくわかりません。そのとき、ちょうどバスがロータリーをまわって階段方向にやってくるところでした。バスの運転手さんの顔を何気なく見ると、なぜか目があってしまいました。ざわざわした空気が流れました。

 すると、どうしたことでしょう。

 バスの運転手さんがとめてあった車にバスの車体をこする形で、ロータリーをまわりはじめたのです。ガリガリガリという音がしました。最初、何が起きているのかわたしにはわかりませんでした。プロのバスの運転手さんがそんな初歩的な事故を起こすでしょうか。しかも、そのガリガリガリはつづいています。普通、おかしいとおもったら、運転をストップするでしょう。

 その運転手さんは、ガリガリガリとまわりきろうとしています。
 わたしは見ていられなくなって、後ろを向いて北口に歩いていきました。
 そのロータリーには交番もあります。
 きっと、大騒ぎになったことでしょう。

 あれは、まさしく魔が差している状態だとしかいいようがありません。

 運転手さんのハンドルを持つ手は、運転手さんのものではなかったのです。

 運転手さんには、どうすることもできない状態になっていたのです。
 
 怖い出来事でした。
 そして、なぜ、そんな怖い場面をわたしが見るのでしょうか。おそらく、なんらかの理由があったのでしょう。




 
 
[PR]
by spirituals-2 | 2013-01-23 20:30 | ヒーラー日記 | Trackback | Comments(0)

「難病の方への無料遠隔ヒーリング」お申込のお知らせ。

お知らせです





e0278631_19564714.gif
 昨年のクリスマスイヴに書きました「難病の方に対する無料遠隔ヒーリング」お申し込みのお知らせです。
















*無料ヒーリングの対象  
◇難病認定を受けている方◇第一回目(およそ一ヵ月の間で合計三回を予定しています)のヒーリングを受けられたあとの翌日および一ヵ月後の症状(その間に気づいたことなどありましたら)についてお知らせいただける方。

 
◇受けられる方と山本の守護霊様にそれぞれヒーリングの許可をたずねます。今回のヒーリングがその方にとって適時(有効)であるかをたずねます。なお、一度にヒーリングするために同じ症状の方を選ぶことがあります。



*必要事項 
性別 年齢 お名前 お住まいの地域 病名 発症時期 症状などお知らせください。

*対象の人数 
今回は3人とさせていただきます。


*第一回お申し込み受付は1月27日(日曜日)の午前9時から午後9時までの間となります。
当日、このブログにお申し込みのフォームをアップしますのでそこからお申し込みください。今回対象となられた方には数日以内にこちらからメールでご連絡いたします。ご連絡がない場合は、またの機会にお申し込みください。


*第一回「難病の方に対する無料遠隔ヒーリング」では、およそ一ヵ月間で合計3回受けることができます。そのいずれの日にちもこちらが決定した時間となります。

なお、ヒーリングの日時は第一回目は1月31日(木)の夜となります。受けられる方にはその時間をお知らせいたしますが、普段と同じ生活をされていて結構です。
あとの2日の日時については、いまはまだ未定です。

♥「難病の方に対する無料遠隔ヒーリング」は、様子を見ながら続ける予定です。最初は変化を実感できなくても、身体のなかに入ったエネルギーが着実に働いてくれることで、いつのまにか呼吸がラクになったり、咳が出なくなったりしていることに気づかれるでしょう。ご自分の治癒力が目覚めることで、細胞が正常だった状態を思い出すでしょう。その目覚め、気づきを宇宙のエネルギーを通して感じていただければうれしいです。
 






 
[PR]
by spirituals-2 | 2013-01-17 21:01 | 難病の方への無料遠隔ヒーリング | Trackback | Comments(0)

続「転ばされる」事件

先日書きました「お坊さんのお経で守られている…」のつづきです。

 いまだに侍の時代の殺傷事件が尾を引いているのでしょうか。これも数年前のことですが、家人と一緒に駅までタクシーに乗ったときのことです。急いでいたので、先に降りたわたしは、歩道に張り巡らされているチェーンをまたいで、エレベータに乗ろうとしました。そして、ふと後ろをふりむくと、家人がデングリがえって転んでいるところが見えました。
 一瞬、何が起こったのかわかりませんでした。
 そんな派手な転び方をふつうするでしょうか。
 「………」
 わたしは、何も言えないまま呆然とそのあたりを見ました。
 あきらかに異様な転び方なのです。
 やがて家人は何事もなかったかのようにエレベータの前にやってきましたが、「………」こちらは、あたりまえですが憮然としている様子です。
 いったい何が起こったのか、本人も納得いかないでしょう。
 地上から少し高い場所に張り巡らされているチェーン(現実にはそうですが、いくつもの嫌がらせが張り巡らされているようにおもえました)に足をとられ、あきらかに「転ばされた」としかおもえないのでした。
 

 そうした「転ばされた」人たちは、他にもいるでしょう。
 つい先日はわたしの目の前で男性が派手な転び方をしました。
 ものすごい転び方です。
 変な話ですが、まわりじゅうにこれ見よがしに見せつけているかのような転び方」でした。
 「大丈夫ですか?」
 おもわず声をかけましたが、「大丈夫です、大丈夫です」と声は元気そうですが、ジャケットのボタンがちぎれて落ちているのが見えました。
 「ボタンが落ちていましたよ」と拾って渡したのですが、布から引きちぎれている様子から、ご本人もかなり痛かったとおもいます。


 これらは北口で起きたことです。
 けれども、北口集中かとおもうのは甘いのです。
 南口でもやはり数年前にかなりなことがありました。つづきはまた書きます。



 
 
 
[PR]
by spirituals-2 | 2013-01-14 10:03 | ヒーラー日記 | Trackback | Comments(0)

お知らせ(1月19日/土)「ハトホルたちのエクササイズ」体験

e0278631_204923.gif
お知らせです





「魂について考える&ハトホルたちのエクササイズ」講座の弟8回目が、1月19日(土曜日)にあります。定員になり次第締め切らせていただきますのでお早めにお申し込みください。


 佐藤愛子さんの本『私の遺言』をテキストにしながら「霊的現象」「魂の永遠」について考えていきます。そのあと、ハトホルさんのエクササイズを中心にエネルギー・ワークを行います。
 ワークのおわりには「背骨の浄化」「邪気を払う」などを取り入れ、参加者のみなさんのエネルギーを整えます。講座やエネルギー・ワークは初めての方でも参加していただける内容となっています。どうぞ、ご一緒にエネルギーの流れを体験いたしましょう!ご参加をお待ちしています。


 なお、講座の前にお受けしています「個人セッション」につきましては、一時間枠ですでにご予約が入っています。


*場所のお知らせなど ↓ ↓ ↓

● 主催 スピリチュアル・ヒーリング・シャワー 
● 時間 12月15日土曜日 午後3時10分から5時
● 場所 池袋駅 東口から徒歩5分程度 喫茶室ルノアール
      池袋パルコ横店 会議室1号室
      東京都豊島区東池袋1-42-8  第一イン池袋ビル地下1階 
● 電話 03-5957-7085
● 参加費用 3500円+飲物料金
ルノーアールで予約の講座の名称は「土曜講座」です。




お申込み&お問合せはこちらからどうぞ
[PR]
by spirituals-2 | 2013-01-12 20:20 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

お坊さんのお経で守られている…。

 わたしがいちばんよく使う駅では週に一度(たいてい金曜日)お坊さんがお経を唱えています。もちろん、駅のなかとかではなく、足早にみんなが通り過ぎる駅の入り口あたり。
 実は、お坊さんが立っている左斜め上あたりの通路で立て続けに倒れた人がいて、救急車がやってくるのを待っているということがありました。もう、数年前のことです。
 ほんとうに同じ場所で同じように倒れていました。男の人でした。わたしが通りかかったのは、二度。そのほかにも、改札に入る手前で女の人が一度倒れていました。
 男の人ふたりはすでに助からないような状況だとおもいました。
 女の人のほうは、助かるとおもいました。人だかりが少ししていてわたしはお祈りをしながらその場を離れました。
 それからしばらくして、駅に向かうバスのなかで女の人が倒れました。そのときはわたしの目の前だったので、救急隊員がやってくるまでそばにいました。意識がないようでしたが、手を握って小さい声で女の人に「大丈夫よ」と言いつづけました。バスはその間、止まっていました。色がなくなっていた顔色に赤みが差し始めた頃、目をきちんと開くことができたようでした。その頃、救急車がやってきました。すでに女の人は意識が戻っていました。
 
 
 昔昔この駅のあるあたりでは侍の時代に殺傷事件があったようでした。それで、不可思議な倒れ方をする場合があるのかとおもいました。実際に倒れる様子をこの目で見たわけではありませんけれど、地面すれすれに紐がひっぱってあって、その紐に足がひっかかって足をすくわれた感じなのです。それにしても、なぜ、わたしの目の前で倒れているのか。その様子を次々と見せられるのか。倒れる時間としては、わたしがそこを通る時間にあわせているようにおもえて仕方がありません。

 お坊さんは、そのような見えない世界の動きを察知されてずっとお経を唱えているのだとおもいます。この地はお坊さんのお経で守られているのだとおもいます。大難が小難ですんだこともあるはずです。お坊さんに感謝します。数年の間に立て続けに起きた「転ばされる」事件が、ここ数年起きていないのはきっとお坊さんのおかげです。
[PR]
by spirituals-2 | 2013-01-08 09:54 | ヒーラー日記 | Trackback | Comments(0)

開花した椿の花、そして火傷には「レイキ」…。

e0278631_13223189.jpg

(元旦に開花した椿の花)

 新年を迎えて開花した椿ですが、椿の花の常として枝を離れてしまいました。しばらくは、名残の花として楽しむことにしました。
 
 いつもはスピードとは全く無縁な生活をしているわたしですが、年末年始においては来客の時間に間に合わせないといけないことが多々あり、慣れないこと(台所にずっと立っていること)をしながら、慣れない調理器具を扱っていると、「あっ」とおもうことがあります。
 そして次の瞬間には蒸気で左手に火傷をしていました。
 「火傷のときは、流水で冷やす」ことが常識的にいわれていますが、なにしろ時間に追われているので、先にやることをやってからとおもって先を急いでいました。
 すると、じわじわと痛みが。左手の中指、薬指がひりひりしはじめました。大晦日のことです。まだまだ料理は道半ばです。ここで、左手が使えなくなるわけにはいかないとおもいました。
 そこでわたしは自分でヒーリングをすることに。少し流れがストップしますが、これからのことを考えると背に腹は替えられないとおもいました。

 火傷には「レイキ」がよく効くということは、前から知ってはいました。
 どれくらいの時間「レイキ」を行うといいのでしょう。
 すると「40分」という答えが返ってきました。

 40分というと、午後9時10分になります。火傷をした時点ですぐに行っていたらもっと短い時間ですんだことでしょう。でも、時間が経っているので、40分かかるのでしょう。仕方がありません。
 右手で左手の中指と薬指に集中レイキを行いました。途中で「もういいですか?」とたずねてみるのですが、「まだまだ」だと言われます。
 また「もういいですか?」とたずねてみました。「まだまだ」と言います。そして、「もういいですか?」とたずねたら「いいですよ」と答えてくれました。

 ちょうど午後9時10分になっていました。

 痛みが鎮まって、火傷のあとは赤いのですが、水ぶくれ状態になって固まりはじめています。これで、また、水仕事ができるとおもいました。ああ、よかった。
 無事に客人を迎えることもできて、「レイキ」の威力を実感しました。

 火傷には「レイキ」がよく効きます。

火傷やねんざなどの応急処置の場合、家庭にひとり、レイキができるひとがいると重宝されるはずだとあらためておもいました。
 戦時中の薬のない時代に、人々の間にレイキがひろまったということもよくわかります。



 
[PR]
by spirituals-2 | 2013-01-05 09:21 | ヒーラー日記 | Trackback | Comments(0)

あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。


 みなさまにとって、おだやかな三が日でありますように、心から願っています。
 本年もどうぞよろしくお願いいたします。

  
e0278631_12283440.jpg

(長野の友人からいただいた富士でつくったりんご羹)
e0278631_12284270.jpg

(お花の先生からいただいたサツマイモでつくった栗きんとん)
[PR]
by spirituals-2 | 2013-01-01 12:15 | ヒーラー日記 | Trackback | Comments(0)

心理カウンセラー&スピリチュアル・カウンセラー/サイキック・ヒーラー


by スピリチュアル・ヒーリング・シャワー
プロフィールを見る
画像一覧