カテゴリ:ヒーラー日記( 117 )

第二回 四十九日の大事について考えます…

第二回 四十九日の大事について考えます…
e0278631_13175250.jpg

(Hさんからいただいたイネが、一ヵ月経って元気に育ちました)
e0278631_13174650.jpg
(7月半ばに植えたばかりの稲の状態です)

それでは、引き続き四十九日の大事について考えたいと思います。

第一回目では、昔は土葬だったために、最初の七日間で目が溶けるといわれていたこともあって、お灯明を絶やしてはならないという意味について書きました。
火葬の現在、亡くなられた方は七日ごとに、どのように過ごされるのでしょうか。


最初の七日間
過去の出来事を順番に思い出します
次の七日間(14日めまで)
過去の出来事を順番に相手の中に入り、逆回しに見ます
(ひどい言葉を言ったことがあったらその言葉を自分が浴びせた人のなかに入り体験します)
次の七日間(21日めまで)
食欲との戦い(特にスイーツを食べたくなりました)
次の七日間(28日めまで)
性欲との戦い
次の七日間(36日めまで)
身体の消滅。ものすごく痛くて苦しいです
次の七日間(42日目まで)
新しい身体の獲得
次の七日間(49日)
光のシャワーを浴びます。
ものすごく気持ちがよくって、やっと帰ってきたという感覚があります。


以上は、四十九日を終えて天国に帰られた方から教えていただいたことです。

四十九日までの道筋を教えていただきありがとうございました。
現在、生きている私たちにとり、とても得がたい情報です。


第三回目は、天国に帰られた方からの「天国からの伝言」を、みなさまにご紹介させていただければと思っています。







[PR]
by spirituals-2 | 2017-08-17 13:41 | ヒーラー日記 | Trackback | Comments(0)

第一回 四十九日の大事について考えます…

第一回 四十九日の大事について考えます…

e0278631_07380760.jpg
(パンパスグラスとヘリコニア)

四十九日の大事について考えたいと思います。

四十九日の最初の七日間
そのあとの七日間
そのあとの七日間
そのあとの七日間
そのあとの七日間
そのあとの七日間
四十九日の最後にあたる七日間

亡くなられた方にとって、この七の数字はどんな意味を持つのでしょう。
昔は今のように、亡くなったあと火葬ではなく土葬でした。
この時、最初の七日間で目が溶けるといわれていたようです。
そうすると、初七日の間は、お灯明を絶やしてはならないという意味がよくわかります。
冥界への道行きを迷わないためにも、お灯明を絶やさずにいることが大事だといわれます。

そして、仏教だけでなく、聖書においても、七の数字は特別扱いされていることがわかります。
ルドルフ・シュタイナーがヨハネ黙示録について語っています。

「物理学者が七つの色について語り、音楽で七つの音について語られるのとおなじ意味で、私たちは宇宙の進化を七という数に関連づけて語るのです。
その際、七という数字は神秘的な体験の結果得られたものにほかなりません。人々が七つの色について語るように、神秘学者は宇宙進化の七つの段階について語るのです。宇宙の叡知がつねにこのことを語るので、この叡知が一般の意識のなかに入っていって、人々は七という数字に特別の意味を見出すようになったのです。
宇宙が七という数に基づいているために、七という数に関する迷信が生まれていったのです。」(ルドルフ・シュタイナー『黙示録の秘密』(水声社刊)より抜粋させていただきました)

四十九日について、さらに考えてみたいと思っています。









[PR]
by spirituals-2 | 2017-08-09 10:12 | ヒーラー日記 | Trackback | Comments(0)

どうぞ、光の存在が無事でありますように…。


どうぞ、光の存在が無事でありますように…。


e0278631_20470818.jpg
 ここに来て、光の存在が次々と姿を消していっています。

 圧倒的な闇の支配下にあっても、光の存在は、力をあわせて進まなければなりません。

 どんなときでも、光の方向へと「ハトホルさんたち」はおっしゃっています。

 いま、私たちにできることは、光の存在が今生での命を圧倒的な闇の力の集中攻撃により奪いとられたとしても、そこで闘いは終わっていないということを知り、守ることです。

 亡くなられてからの四十九日が、とても大事だとは昔からよくいわれることばですが、四十九日の間、本来の光の元に戻るまで、光の存在たちは、闇からの総攻撃をまだまだ受けているということを忘れてはなりません。

 とにかく無事に光の世界へと帰還できますように、私たちは祈りつづけたいとおもいます。

 みなさまの一人ひとりの祈りが、光の同志が安全に光の世界へと帰るときの道しるべとなることを信じています。

「亡くなられた光の存在のみなさま、どうぞ、無事に光の故郷にお帰りください…」

 大きな魂であればあるほど、四十九日の間、闇の勢力に狙われるといわれています。

「私たちの祈りが、光の天使が無事に光の世界に帰っていくときの確かな道しるべとなりますように…」




*これまでの「主護霊さまからの働きかけですか?」

*私がお役に立てることについて
♥「魂&ハトホルエクササイズ」のお申込み&お問合せはこちらからどうぞ

♥対面セッション(カウンセリング、ヒーリングなど)および電話カウンセリング、遠隔ヒーリングなどのお申込み&お問合せはこちらからどうぞ


♥スピリチュアル・ヒーリング・シャワーの活動についてはこちらからどうぞ



人気ブログランキングへ
ブログランキングに登録しました。
クリックしていただけるとうれしいです。



[PR]
by spirituals-2 | 2017-06-29 21:21 | ヒーラー日記 | Trackback | Comments(0)

「あなたの使命は?」とたずねられたら…。

「あなたの使命は?」とたずねられたら……。
e0278631_19080438.jpg
(昨年8月に参拝した賣太神社/めたじんじゃ

 最近、お会いする方にたてつづけにたずねられました。

「あなたの今生での使命はなんだと思われますか?」と。

このおたずねに対しては、私は15年ほど前に江原さんからいわれた言葉を伝えることにしています。

江原さんはいわれました。

「今生のご自身のテーマは、愛と革命です」

そのときは、「愛と革命」とは、なんとオーバーな、と内心思いました。そして、同時に気恥ずかしさを感じました。

でも、そのテーマ(使命)は、歳月と共に、じわじわと私のそばに近づいてきて、

いまでは、なんとオーバーな、と思わない私がいます。

そんなことを思って生まれてきたのだという、自分のことを、突き放すことなく、協力していきたいと思う自分がいるのです。

これは、それだけ、たいへんな時代に生きているということを、自らがじわじわと実感してきていることとつながっているように感じます。


「あなたの使命は?」とたずねられて、「愛と革命のために生まれてきた」のだという私を、私は応援したいと思います。



[PR]
by spirituals-2 | 2016-06-15 19:50 | ヒーラー日記 | Trackback | Comments(0)

電磁波の攻撃を消去する…。

電磁波の攻撃を消去する…。
e0278631_07425282.jpg
e0278631_07570717.jpg
(去年の夏にお詣りした大阪のサムハラ神社。御祭神さまたちがきょうも日本をお守りくださっています)

日本に対する電磁波(ハープ)の攻撃は執拗につづいているようです。
日頃から、その身体に日本の危機を察知するお役目のある方たちにとっては、つらい日々のようです。ここ数日は特に第三の眼に向けての電流の流れが激しくなっているようです。どこかで何かが激しく動いているのでしょうか。
本日も、油断することなく、備えながら、祈りたいと思います。

そして、もしも、電磁波の攻撃でつらい思いをされている方がいらしたら、ご相談ください。

電流を断ち切ることで、攻撃によるつらい痛みを消去します。






[PR]
by spirituals-2 | 2016-06-06 07:54 | ヒーラー日記 | Trackback | Comments(0)

空を見れば、何かがわかる!?

空を見れば、何かがわかる!?


最近、取り寄せた本『その数2000機を超えて 日本上空を〈ハーモニー宇宙艦隊〉が防衛していた!』を読みはじめました。

仕事の合間なので(恒例のテープ起こしがあります!)、まだ、少ししか読んでいませんが、とにかく、読むことで、いま、起きていること、起きようとしていることを知っておきたいとおもいました。




人気ブログランキングへ
ブログランキングに登録しました。
クリックしていただけるとうれしいです。

[PR]
by spirituals-2 | 2016-05-05 15:00 | ヒーラー日記 | Trackback | Comments(0)

メリー・クリスマス&ハッピー・クリスマス!

メリー・クリスマス&ハッピー・クリスマス!

John Lennon - Happy Xmas (War Is Over)


世界が平和でありますように!
e0278631_22201042.jpg

(昨日、銀座で写したイルミネーション)



    
[PR]
by spirituals-2 | 2015-12-24 22:12 | ヒーラー日記 | Trackback | Comments(0)

イエス・キリストさまの誕生日には…。

イエスさまの誕生日に…。
e0278631_8244419.jpg

(長崎 大浦天主堂のイエス・キリストさまにふり注がれる七色の光り。昨年の6月、長崎に旅をしたときに写したものです)


 写真の整理をしていました。
 この写真は、国宝 大浦天主堂の忘れ去られたかのような池の前の、イエス・キリストさまを写したときのものです。


 以前にもご紹介いたしましたが、長崎という特別な地で「平和」を願われるイエスさまの写真を紹介させていただきます。



 敷地内にある「信徒発見」のレリーフの奥にある、小さな池に建てられている十字架を写したときのものです。とりたててホームページでは紹介されていませんが、大浦天主堂に行かれたら、ぜひ、こちらの十字架の前にも立たれますように…。


 もう少し手前に光りの祭壇が写っているすばらしい写真も以前紹介いたしましたが、その写真は、長崎の原爆で亡くなった子供たちやいまは亡きたくさんの人々の魂が、特に夜になると集まってくるので、部屋に飾ると眠れなくなる方もいるようでした。
 その方たちにおかれましても、こちらの写真のほうは大丈夫だと思います。

 もうすぐ12月24日。
 イエス・キリストさまの誕生をお祝いしたいと思います。

[PR]
by spirituals-2 | 2015-12-18 08:41 | ヒーラー日記 | Trackback | Comments(0)

来年1月、都内に個人セッションルームを開設いたします。

来年1月、都内に個人セッションルームを開設いたします。

e0278631_815770.jpg

(今年8月に訪れた法隆寺にて…)


 恒例の取材仕事も11月30日に無事校了となりました。
 この間、お茶のお稽古にも行けず、お茶会にも参加できず、優先順位を第一にして心身共に取材仕事のほうに向かっていました。

あらためて書くまでもありませんが、仕事に追われる日々の間も、カウンセリングやヒーリングのご依頼は私の大事なお役目と考え、特別枠でお受けいたしておりました。

 そして、きょうはお知らせがあります。


 来年1月から、都内に個人セッションルームを開設いたします。


 開設記念として、1月から2月末までの間、いつもは90分のカウンセリングを100分に延長してお受けすることを考えています(料金は15000円とそのままで)。


 *なお、ヒーリングはいままでどおり90分とさせていただきます。

 開設日など、具体的な日にちが決まりましたら、このブログでお知らせいたします。

 いましばらくお待ちくださいませ。





♥「魂&ハトホルエクササイズ」のお申込み&お問合せはこちらからどうぞ
♥ヒーリング・セッションほか、浄化などのご相談&お申し込みはこちらからどうぞ
♥スピリチュアル・ヒーリング・シャワーの活動についてはこちらからどうぞ
[PR]
by spirituals-2 | 2015-12-04 08:08 | ヒーラー日記 | Trackback | Comments(0)

おでこはアンテナ?

e0278631_10462610.jpg

(空の上の龍神さまの子供?)
 
おでこの写真をアップしていましたが、ちょっと異様なので、この写真に変更いたしました。

ジュディス・カーペンターさんの記事でも書いたことがありましたが、何かの拍子でおでこがどんどんでっぱっていくのがわかるときがあります。



そのほかにもわたしの頭はでこぼこのように思いますが、頭頂のでっぱりも「タクシーに乗るときに頭をぶつけたのかしら?」と思うほどの痛みが続いたことがありました。


痛みが治まった頃、かさぶたができていました。


最近では、左こめかみの上のあたりが異様にでこぼこしていてびっくりしました。
まるで洗濯板のようなウエイブなのです。
右にもありますが、でこぼこ加減が少しちがいます。

何かが起きているのでしょうか。
その何かとは、わかっているような。はっきりしないような。
そのような日々です。

そのような日々のなかでも、恒例の取材仕事は容赦なく締切を突きつけてきます。
いま、まだ半分もいっていないです。

ブログに向き合っている時間があったら、資料の本(分厚いのです)を読まなければと思うのですが。



[PR]
by spirituals-2 | 2015-10-30 08:17 | ヒーラー日記 | Trackback | Comments(0)

心理カウンセラー&スピリチュアル・カウンセラー/サイキック・ヒーラー


by スピリチュアル・ヒーリング・シャワー
プロフィールを見る
画像一覧