カテゴリ:痛風には岩塩( 2 )

続「痛風のとき家に岩塩があるでしょうと言われる」

e0278631_23154616.jpg

(記事とは全く無関係ですが、美しい桜の花びら…)

きょうは、続「痛風には岩塩」を書いてみたいと思います。
当ブログのなかで繰り返しよく読まれている記事のひとつに「痛風のとき家に岩塩があるでしょうと言われる」があります。2012年10月15日に書いた記事ですから、いまから3年半ほど前に遡ります。

わたしは痛風にはなったことはありませんが、ビールが好きな人にとっては、忘れたころにやってくる痛みのようです。

久しぶりに「家人」の許可を得て、登場してもらうことに。こっそりとハンカチを床に敷いて、こっそりと岩塩を敷きつめて、足の甲にもまぶしてハンカチで巻いたあと、サランラップでくるんで、次に靴下を。背中を向けるようにして黙々とこなしているのは、「また、飲みすぎたの?」という私の言葉を嫌っているからだとおもいます。


ところが、翌朝になって、いつもと違うことに気づいてからがたいへん。

「岩塩が効かない!」と言いはじめたのです。

これまでの岩塩がなくなったあと、あらたに買った岩塩「七五○○」(なんでもたくさんの大陸や海の複合塩だそうです。効果があることを微塵もうたがいませんでした)が効かないというのです。

「えっ」と思った私は、スーパーで売っている明石の塩や鳴門の塩の効果を調べてみました。

こちらのほうは「痛風」に対しての効果は60%もあるのに、この「七五○○」はほとんど%がないのです。

家人の話では、翌日になっても、お塩がそのままの状態で毒素をとってくれていない感じがするというのが実感なのだそうです。

「このままだと、仕事に行けない!」という悲痛な言葉に(仕方なく…)、緊急エネルギーを一日に6回ほど施したものの、これまでの「蒙古塩」が届くまでの2日は、たいへんでした。

ということで、岩塩といっても、「たくさんの場所からの複合」は、???


よっぽど、スーパーのお塩(精製されていない)のほうが急場をしのげることを身をもって(家人の身をもって、ですが…)体験するという結果になりました。悲痛な体験でもありました。


これから夏の季節に向かうにあたり(この痛風の記事については、ビールのおいしい季節になるとヒット数がふえるような気がします)、わたしとしても、責任があるので、岩塩といっても、たくさんの場所の複合(チベットと蒙古の複合はとても効果的でした!)のものは「痛風」には効かない場合があるということを、きゅうきょ、お伝えしておかなければとおもいました。

 あと、家人の話では、サランラップを巻いたあと、ガムテープでとめなかったそうです。また、そのあと、スーパーのビニール袋で足全体をくるむのもしなかったそうです。きちんと、しないと効果もいまひとつなのかもしれません。

[PR]
by spirituals-2 | 2016-04-11 14:55 | 痛風には岩塩 | Trackback | Comments(0)

痛風のとき「家に岩塩があるでしょう」と言われる。

 もう、数年前になります。
 家人(また、家人に登場してもらうことに。家人も消極的ながら了承ズミ)の足の甲(特に右だったか)がぱんぱんになって、歩くと痛いと言います。以前にもこんなことがあって、そのときは、痛くて靴もはけないので、サンダルをはいて、やっとのことでタクシーで国立大学病院に行きました。痛風と診断。診断されたものの、すぐにはよくならず、あまりにも痛いので、仕事もお休みしたくらいでした。
「ずっと死ぬまで飲まなければいけないんですよ」という痛風のお薬を抱えて帰ってきた家人でした。
 そして、のど元過ぎた頃に、また、同じ痛みと腫れに襲われたのでした。あ、これは、あのときの感じと同じだとおもいました。しかしながら、もう、夜中ですし。そうそう仕事もお休みできません。

 妹に電話したら、「家に岩塩があるでしょう」と言われました。袋入りのがあるけれど、いきなりなので「それがどうかしたの?」ととっさにおもいました。すると、「その岩塩が映像で見えるから、岩塩を使えばいいみたい」と言いました。以下、妹の指導霊さまから教えていただいたことを紹介します。なお、文責は山本です。指導霊さまからはクラフトテープとかスーパーのビニール袋とかいう言葉は出てはきません。あくまでも、本質の手順を映像で教えてくださいました。


1.足をきれいに洗ったあと、薄手の布(ハンカチとか、手ぬぐいとか)を足の下に敷きます。
2.そこに足をのせて、足の甲も指のあたりも下からと上からで岩塩をまぶします。多めに。
3.岩塩を敷いたままのハンカチで、足をくるみます。そのあと、サランラップでくるみます。そのあと、クラフトテープでとめます。
4.その足をスーパーのビニール袋でくるんだあと、靴下をはいてできあがり。

 靴下をはいたまま一晩眠ると、翌朝にはすっかり痛みも消えて、腫れもひいていて仕事にも出かけられたのです。

 
 お薬を飲まなくても、岩塩で毒素が消えること(毒素が流れ出る?)を、妹の指導霊さまに教えていただきました。ありがとうございました!!

 なお、この件(痛風)で、病院に行ったのは最初の一度だけですんだようです。もちろん、死ぬまで飲まなければいけないと言われたお薬も以来、飲んでいないようです。

 岩塩は「チベット」のものを使っていますが、スーパーで売っているものでももちろん大丈夫(精製されているものは不可です)。精製されてなければ、明石の塩とか鳴門の塩とか普通に売っているもので大丈夫です。

 このあと、何度かのど元を過ぎた頃にやってくる腫れと痛みですが、最近は自分でこっそりとハンカチでくるみ、こっそりと靴下をはいています。
 また、飲み過ぎたんでしょう、と言われるのがいやだからだとおもいます。


つづきの記事
続「痛風のとき家に岩塩があるでしょうと言われる」



*私がお役に立てることについて
♥「魂&ハトホルエクササイズ」のお申込み&お問合せはこちらからどうぞ
♥対面セッション(カウンセリング、ヒーリングなど)および電話カウンセリング、遠隔ヒーリングなどのお申込み&お問合せはこちらからどうぞ
♥スピリチュアル・ヒーリング・シャワーの活動についてはこちらからどうぞ



人気ブログランキングへ
ブログランキングに登録しました。
クリックしていただけるとうれしいです。




 
[PR]
by spirituals-2 | 2012-10-15 13:04 | 痛風には岩塩 | Trackback | Comments(0)

心理カウンセラー&スピリチュアル・カウンセラー/サイキック・ヒーラー


by スピリチュアル・ヒーリング・シャワー
プロフィールを見る
画像一覧