カテゴリ:読書の時間( 8 )

堀内宗心宗匠の「日々のけいこ」を一ページずつ読む

e0278631_2257149.jpg


(『おのれを磨く 日々のけいこ』堀内宗心著)

これで充分できると自分で意識したとき、
もう一回同じことを繰り返す。これがけいこです。


(堀内宗匠)


平成27年5月27日、堀内宗心宗匠が逝去されました。96歳。
宗匠の死をわたしが知ったのは、7月に入ってからのことでした。
いったいこの間、わたしは何を見て、何を感じていたのでしょうか。
いつもの仕事にかかりきりになっていて、ちょうどその頃は最後の追い込みであったとはいえ、ほんとうに愕然とします。
宗匠の死も知らない忙しさなど、いったいどういうこと?
情けない気持ちです。
取材仕事が忙しすぎるあまり、5月6月とお茶のお稽古もお休みしていたのでした。

そして、この間、わたしの大切な方の身の上にも一大事が起きていたのでした。
あまりに忙しくしているというのは、いろんなことと向き合う時間が圧倒的に不足することになります。もう一度、自らが「いかにあるべきか」を問わなければいけないと思います。


*この間、ゆうぽうとホールで行われた5年間の表千家教授者講習会も無事に終了しました(7月6日)。これでこれまでの講師から教授者へと進んでいくことになります。
ただおいしい一服のお茶をさしあげる、そうした時間を持ちたいとこころより思います。
そして、いまは、堀内宗心宗匠の「日々のけいこ」を一ページずつ読み返しています。


*堀内宗心氏死去 
以下、京都新聞(5月27日22時03分)より転載いたします。
 堀内 宗心氏(ほりのうち・そうしん=表千家不審菴理事、堀内長生庵十二代兼中斎、本名吉彦=よしひこ)27日午後1時10分、前立腺がんのため京都市北区の病院で死去。96歳。京都市出身。自宅は京都市中京区釜座通二条上ル。葬儀・告別式は30日午後1時から、京都市南区西九条池ノ内町60の公益社南ブライトホールで。喪主は甥の十三代宗完(そうかん)氏。
 京都帝国大理学部卒業後、同学部副手を務めていたが、1946年、兄の十一代幽峰斎の死去に伴い表千家不審菴に入門、十三代即中斎に師事した。53年、長生庵十二代を襲名した。97年、甥の國彦氏に十三代を譲り、宗心を名乗った。
[PR]
by spirituals-2 | 2015-07-22 23:03 | 読書の時間 | Trackback | Comments(0)

すぐにこの本をお読みください。

すぐにこの本をお読みください。

e0278631_8401227.jpg


『東京直下地震 3年以内震度9』

 いつもの取材&原稿仕事に突入してしまったことをいいわけみたいにして、ブログから離れていましたが(そして、まだ原稿書きはつづいていますが)、きょうは、ちょっと、イレギュラーで、どうしても早くお伝えしなくてはとある本を紹介させていただきました。


ただ、いまは品切れ状態のようです。
わたしは発売(七月はじめ頃)から少し経ったころ、ある人から紹介されて、その時点でジュンク堂に注文しましたが、届いたのが10月の半ば頃でした。そして、しばらくそのままになっていましたが、昨日、仕事のすきを見て、一気に読了。
とにかく、すぐにこの本を読むことをおすすめします。


いわゆる「トンデモ本」ではありませんん。
途中で、むずかしいところ(科学的なところなど)は飛ばしたとしても、最後のページまでお読みください。

[PR]
by spirituals-2 | 2014-11-01 08:42 | 読書の時間 | Trackback | Comments(0)

愛をもって、心を向けること…。

e0278631_21223563.jpg

(『いかにして超感覚的世界の認識を獲得するか』ルドルフ・シュタイナー)
 読みたい本がたくさんあるのですが、きょうは原点にもどってこの一冊を読みました。

 『いかにして超感覚的世界の認識を獲得するか』 
 ルドルフ・シュタイナーの本です。

 1904年から1914年まで指導した神智学境界エソテリック・スクールでの修行原則のひとつに「毎日30分ないし15分間、神秘学書の読書をする」
 がありますが、きょうは開いたページを読んでみました。
 


 誰かと出会い、その人の弱点を非難するとき、私は自分で自分の高次の認識能力を奪っている。愛をもってその人の長所に心を向けようと努めるとき、私はこの能力を貯える。神秘学徒は常にこの点に留意し、この指針に従うことを忘れてはならない。繰り返し、繰り返し、あらゆる事柄の中の優れた部分に注意を向けること、そして批判的な判断をひかえること、このような態度がどれ程大きな力を与えてくれるか、このことを熟達した神秘学徒はよくわきまえている。しかしそれが外的な生活規則に留まっているのでは、何の意味もない。それはわれわれの魂のもっとも内なる部分で有効に働いていなければならない。



 愛をもってその人の長所に心を向けようと努めなければならない、とシュタイナーは書いています。日々の暮らしのなかで、果たして自分にそれができているか。きょうは、その点について自問し、反省する一日となりました。
 
*神秘学書を読むと、腕までもきらきら光りはじめます。魂が喜んでいるのですね。



*以前にこのブログでふれたシュタイナー 123
[PR]
by spirituals-2 | 2013-09-04 22:04 | 読書の時間 | Trackback | Comments(0)

夏に読む! 進藤義晴先生の「冷えとり」の手引書

夏こそ「冷えとり」!
e0278631_1431760.jpg


(進藤義晴先生の「冷えとり」健康法のご本をパラパラ読む)

 「冷えとり」という言葉をわたしが知ったのは、今年の三月末のことでした。
 「冷えとり」を行って、膠原病から生還された方のお話は説得力があり、試しにわたしもその方から紹介された本を読んでみることにしました(なんでも、本から入るのがわたしの特徴です)。
 
 一番最初に進藤義晴先生の文庫本『病気にならない 冷えとり 健康法』をまず購入。それから、出回っているほとんどの本を矢継ぎ早に購入していきました。わたしの場合、内容はほぼ変わらなくてもいいのです。何度も違う角度から言い聞かせていただくうちに、身についていくタイプなのですから。
 
 文庫本は読了しましたが、他の本については、パラパラとめくったところを読むようにしています。
 そして、本日は『これが本当の「冷えとり」の手引書』(PHP)の111ページをひらいたところ、おもわず家人にもそのページを読むようにすすめた次第です。みなさんにも、お読みいただければとおもいましたので、紹介いたします。

(略)さて、夏になると熱中症で亡くなる方がおられます。これは、素足によって足元が冷え、知らぬ間に体の芯が冷え切ってしまうことが原因です。発汗による体温調節ができないので、上半身がどんどん熱くなります。血液の温度が上がっていくと、脳にもダメージが与えられます。脳細胞は、40℃以上になると機能しなくなり、熱中症となって倒れてしまうというしくみです。(略)

*「心臓が毒を出す夏こそ冷えとりを」から抜粋させていただきました。



☆わたしに「冷えとり」を教えてくださった方はハードな実践者(お風呂に何時間も入ることで膠原病から生還されたのですから)ですが、わたしの場合はハードルがとても低いです。5本指の靴下をはくこと。そして、お風呂は烏の行水をやめて、ぬるめのお湯で、15分は湯船につかるようにすること。以上の二点を実行しています。
☆「冷えとり」を意識した生活をはじめて約4カ月が経ちました。
わたしに起きた変化としては、いつもお腹がひんやりしていましたが、体温が感じられるようになったことがあげられます。これは、小さな変化ですが、大きな一歩のようにおもいます。なにしろ、お腹がひんやりしているというのは、「冷え」の症状としては見逃してはいけないことなのだそうです。



[PR]
by spirituals-2 | 2013-08-20 14:22 | 読書の時間 | Trackback | Comments(0)

治ったのではなく、ある日消えてしまった…(続々 波動と感謝の深い関係について)

 きのうのつづきです

 他にも不思議なことがあった。
 彼女が運転の免許を取ってまもなくのことである。事故を起こしたという電話が本人からかかってきたので、電話をかけたりして大丈夫なのかと聞くと、何ともなかったけれど、疲れたので、これから帰って寝るというのだ。
 後で知るのだが、余所の家の門にぶつけてしまったらしかった。この時も、レントゲンなどで調べても何ともないので、医師が驚いていたのだそうだ。

 葉室宮司もまた、重度の結核が、治ったのではなく、ある日、消えてしまったのだという。

 この著書では、〈神道〉の話と並行して語られる、宮司自身の波瀾万丈の半生もまた、興味ぶかい。



*わたしの文章は『魂は死なない、という考え方 読書案内45+1』からの抜粋。
[PR]
by spirituals-2 | 2013-05-21 12:55 | 読書の時間 | Trackback | Comments(0)

神さまの波動をいただく…。(続 波動と感謝の深い関係について)

e0278631_2283694.jpg


 「波動と感謝の深い関係について」のつづきを書いてみます。

 そういえば、こんなこともあった。
 離れて暮らしている、十月十三日生まれの私の子供から電話があり、子宮内膜の炎症部分が、卵巣に癒着して、直径六センチくらいに腫れ上がっているらしいという。医師からは、今にも破裂しそうだが、様子を見てみましょうといわれた。私は、神棚のご先祖様に手を合わさずにはいられなかった。「どうぞ、大事にいたりませんように」。そして、ひと月が経った。再びレントゲンで調べたら、その癒着がすっかり消えてなくなっているというのだ。

「貴方、ほんとうに同じ人物ですか?」

 医師からも不思議がられた、といっていた。
 他にも不思議なことがあった。



と、わたしの文章はつづくのですが、このつづきはあしたにでも書いてみますね。
 
*わたしの文章は『魂は死なない、という考え方 読書案内45+1』からの抜粋。
*このつづきは、こちらへ
[PR]
by spirituals-2 | 2013-05-20 12:09 | 読書の時間 | Trackback | Comments(0)

波動と感謝の深い関係について…。

e0278631_822303.jpg



 先日のつづきです。『〈神道〉のこころ』葉室頼昭著について、以前じぶんで書いたものがありました。宮司さまの言葉を中心に紹介させていただきます。


 
 唐突だが、『〈神道〉のこころ』を皮切りとした、〈神道〉シリーズがある。私はこの方の著書を読むのが好きである。誰に紹介されたわけではない。書店を歩いていて、偶然に見つけた著者であり、著書であった。著者は、春日大社の宮司さんでもある。宮司さんになる前は、形成外科の医師として四十年間も患者を救ってきた人だ。
 ご本人自身も絶体絶命の危機を、奇跡としかいいようのないかたちで、脱してこられた。
 「神のお恵みはみんな平等にいただいている。でも、ある人は不幸になり、ある人は幸せになる。なぜか、感謝ですよ。

神の波動は感謝しなければお恵みとなって出てこないんです。(略)

 だから病気は鍼を刺したり手術をしたら、それだけでいいというのではない。まず神さま、祖先に感謝しなさいと。神さまや祖先に感謝しない人は術後の経過がどうなるかわからないから、おれは手術をしないというんです。(略)やはり全てのものの根本となる感謝によって、宇宙からもらっている、祖先からもらっているエネルギーを出さなければ、本当には治りません。」

  そういえば、こんなこともあった。

  
 と、わたしの文章はつづくのですが、このつづきは長くなるので、いずれ紹介させていただきます。
 
*わたしの文章は『魂は死なない、という考え方 読書案内45+1』からの抜粋。
*紹介文のなかの太字部分は、わたしによるものです。
*このつづきはこちら
[PR]
by spirituals-2 | 2013-05-18 08:25 | 読書の時間 | Trackback | Comments(0)

『〈神道〉のこころ』ほか…。

e0278631_8172529.jpg

(『〈神道〉のこころ』葉室頼昭著)

 精神世界の本にはじめて出会ったのは13、4年ほど前でした。 
 それまでは、そうした本が並んでいる書店の本棚に興味をもつことはなかったので(小説や随筆集、日本文化—茶道、華道、着物等々について書かれた本を主に読んでいました)、出会ったときは、世の中にこのような世界があったのかと驚きました。
 リアルタイムで出会った本もありますが、書店でみつけて、そのシリーズを遡って読んだこともありました。
 ひとくくりに精神世界といっても広いですが、きょうわが家の本棚を眺めていて目に入ったのは葉室頼昭著『〈神道〉のこころ』でした。(この書籍は精神世界では語れないのかもしれませんけれど…。)
 この方のこのシリーズ(CDブックも含めると15冊ほど刊行されたでしょうか)は次々と刊行されていくわけですが、刊行されるのを待ちかねるようにして、ほぼ読んだとおもいます。
 読み始めた頃はまだご存命でしたから(シリーズを書きあげた頃、亡くなられたのだと記憶しています)、宮司さまをつとめていた葉室さまにお会いしたくて奈良の春日大社にも何度か足を運びました。

  『〈神道〉のこころ』ほか…。

 ゆっくり読み進められると、至福の時間が味わえるとおもいます。おすすめです。


*帯文章には、西洋医学の医学者が、東洋の医学を学び、やがて、神道の道を歩む…。とあります。

以下 目次

第一章 医者から宮司に —わたしの半生
公家の家に生まれて 学習院時代 阪大医学部へ 形成外科を目指す 大野病院長 無我の手術を求めて 大阪国学院の通信教育 宮司への道
第二章 東洋医学のふしぎ
鍼治療と東洋医学 つぼの話 宇宙の仕組みといのちのバランス 神の恵みと祖先の恩 人間が誕生したわけ ガンとボケを治す法 三十五億年前の記憶 自然の生活 
第三章 神道のこころ
春日大社と日本人 山と鼻と鎮守の森 興福寺と春日大社—仏教と神道の関係 禊ぎと祓い 祝詞と原日本語 言葉の力—進化と言霊信仰 祭りと神人共食 大いなる心を生きる
第四章 素白の心・宇宙のいのち
宗教と医学のこと 素白のいのち 見えないものを信じる力 生かされて生きる シンプルであること 滅びないために 共に生きるこころ 自然の本当の姿




*後日、ふたたびこの書籍について触れてみました。






 
[PR]
by spirituals-2 | 2013-04-30 08:23 | 読書の時間 | Trackback | Comments(0)

心理カウンセラー&スピリチュアル・カウンセラー/サイキック・ヒーラー


by スピリチュアル・ヒーリング・シャワー